[books]ドラッカー理論で成功する「ひとり起業」の教科書

私の本の紹介では、自己啓発本や、自己開発本、少し未来の話など様々なジャンルの本を紹介していきます。

基本的には、今日から実践できる自己開発本がメインになるかとおもます。

理由は、「今日からできる」に注目していきたいからです。

本とは、1500円程度で有名・実績のある人たちの講演会を聞けるようなものであると位置付けており、これを活用しない手はないですよね?

しかし、今日から使えなくては数日間モヤモヤしてしますので、本を紹介して読んでもらい、すぐに行動しやすいように内容をまとめていきます。

なお、あくまでも本の紹介と私の行動プランであり、要約は著者の方々の利益を害するものになってしましますので、その点ご了承いただければと思います。

価値あるものには、しっかりとお金を払っていきましょう!

そして、私はコーチングをしております。

コーチングでは、皆さんが最高な状態でやりたい事がやれる状態(気づき)を一緒に作り出し、ありたい自分や、やりたい事が体現できるようになるためのサポートをするプログラムの無料体験セッションをご用意しております。

初回無料でセッションさせていただきますので、是非ご連絡ください!

詳細は、以下の写真を参考にしてください!

この本を読む目的

  • 企業意欲あるため
  • ドラッカーとは何か知るため
  • 企業する上で、どんなことをやっていくのか知るため
  • 表紙がゴールドで格好いい
  • 本屋でビビッときた本
  • パートで別れているので読みやすい
  • ボリューム的にも大きくなので読みやすそうだった

この本を読んで学んだこと

この本の構成が、7つのパートと38の項目に分かれています。

このことからもわかるように、基本的に短編的に読めるようになっているので、かなり読みやすい部類の本となっています。

まず、この本の中で書かれていることは、大企業との比較です。

特に、この本のテーマがドラッガー理論に基づいたひとり企業ですので

「大企業にできないことそする」というのが前提となっています。

さらに、周りが面倒くさがったり、大企業に手を出せなかったり、アイデアで勝つということがかかれています。

またこれだけではなく、それこそ、38の項目に別れてこのようなことが細々と記されています。

この中でも、印象に残っているのは、大企業にはできないことということですね。

いわゆる、メジャーではなく、ニッチですよね。

ニッチ戦略によって、大手企業が手を出さない場所でのマーケットを取りにいくということは、小さなマーケットでも、そのマーケットの攻略ができさえすれば、あなたはマネタイズでき生活できるということですね。

さらに、理論だけではなく、著者の方が実際に体験されてきた、起業塾での出来事や、自分が起業塾を開いたときの話、さらには起業された方々の昔の成功体験、失敗体験に関しても書かれているので、本としてのリソースはかなり有効に使えると感じました。

特に、私が始める事業の話は載っていなかったのですが、それでもひとり起業として参考にできる部分はあったのではないかと感じています。

これを読んで起こった変化

私は、起業を考えてはいるのですが、いまだに個人事業主としても、できるのかわかりません。

この本自体は参考にはなるのですが、私のやりたいこととは若干ズレていたのかなと感じます。

恐らく、「これからどんなことで起業して行こうか」と考えている人にはかなり有力な情報ソースになっているのではないかと感じています。

ドラッカーとしての考え方や、知識に関しては少しだけ残して、分野が決まっている人はもう走りだhしたほうがいいかもしれないですね。

というのも、実際にいろんなことを経験することよりも価値のある知識はないということですね!

これ、かなりまじだと思っていて、実際に年末調整であったり、様々な手続きの話を書いてくれている本なんてないですよね?

まして、これをしたから1年間回りましたなんて本見たことないですよね?

ということは、実際にやる他ないですよね?

もう始めちゃった方がいいでしょう!

どんどん始めちゃいましょう!

それそこ最強の教科書となっていきます。

あとは、その分の友人や仲間を探すのが良いかもしれないです。

そして、起業したい旨を話した方が良いかと思います。

というのも、その人たちが持っている起業の教科書について、付加情報の付け足しや、ちょいたしのアドバイスをもらえることが多くあります。

今後の行動プラン

  • 実際に企業までの準備をする
  • 実際にお金をもらって活動する
  • 本は知識として手に入れる
  • 経験の量を作る

実際に企業までの準備をする

これは先ほども話をした、経験につながっていきます。

ますは、企業できるだけの準備と知識の練磨に注力していきます。

これは、商品を提供してくことになるのですが、確実に値段以上の価値を提供していくために、というのが狙いですよね。

やっぱり、商品に魅力がなければ人はその商品を買うことはないですし、興味を引くことはありませんよね。

なんなら、見向きもしませんよね。

だから、私はもっともっとコーチングの練度を上げ、自分自身を商品として売りまくります。

コーチングの知識はもちろんですが、コーチングの量を増やすことも絶対的に必要ですよね。

これは、綺麗事だけではなく、実際の話で、スポーツも練習して、練習試合して、公式戦での勝ちを掴み取りますよね。

コーチングも絶対的に経験が必要です。

現在、毎日コーチングを掲げ活動しています。

6月までは、継続コーチングも破格の値段で提供しています。

さらに、無料の体験コーチングセッションもご用意していますので、是非ご参加ください!

詳しくは、この記事の最上部にある写真、もしくは、私のSNSからDM頂ければと思います。

Twitter:https://twitter.com/ryota1208coach

instagram:https://www.instagram.com(ryochin1208)

実際にお金をもらって活動する

これは、友人に言われたことで、「お金をもらうことで、お客さんも、私たちも責任感が出るよ」という言葉が私にとっては結構ガツンとくる言葉でした。

これは、500円でも10000円でも変わらなくて、そこにお金を出しているという事実が発生していますよね?

これが非常に重要だという話で、やっぱりコーチとしての責任や、お客さんも本気で変えにくるというものがあるということです。

実際に私も破格ではありますが、有料のコーチングも始めました。

まだ、初回のコーチングができていないのですが、気が引き締まります。

本は知識として手に入れる

先ほど、経験ほどの価値がないというような話をしてしまいましたが、そこまで極端に思ってはいなくて、本を読むことで知識は間違いなく入るし、何かの対処をすることになったときに、その手が最適になり得ることもありますよね?

だから、知識は絶対的に付けるべきですし、知識は付ければ付けただけ覚えたり、辞書として使えるので、非常にいいものであると思っています。

だから私は、今後も本は読み続けますし、YouTubeも見ます。

どんどんやります。

好きな分野の本、重要な分野の本、あんまり興味はないけど売れている本を読んでいきます。

経験の量を作る

これは、常々話している経験値を作ることですね。

失敗も成功も全て経験です。

私は公務員になりましたが、2年半で退職しました。

これも本当にいい経験だったと思っています。

これらの経験をもっともっと作っていきます。

もちろん、成功も失敗も私を形成していくリソースになるので、しっかりと大切にしていきます。

この本を読んで一言

ニッチに攻めろ、みんながやらないことに目を向けろ

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました