[books]CEOコーチング~年商を100倍にする思考と行動の理論~

私の本の紹介では、自己啓発本や、自己開発本、少し未来の話など様々なジャンルの本を紹介していきます。

基本的には、今日から実践できる自己開発本がメインになるかとおもます。

理由は、「今日からできる」に注目していきたいからです。

本とは、1500円程度で有名・実績のある人たちの講演会を聞けるようなものであると位置付けており、これを活用しない手はないですよね?

しかし、今日から使えなくては数日間モヤモヤしてしますので、本を紹介して読んでもらい、すぐに行動しやすいように内容をまとめていきます。

なお、あくまでも本の紹介と私の行動プランであり、要約は著者の方々の利益を害するものになってしましますので、その点ご了承いただければと思います。

価値あるものには、しっかりとお金を払っていきましょう!

そして、私はコーチングをしております。

コーチングでは、皆さんが最高な状態でやりたい事がやれる状態(気づき)を一緒に作り出し、ありたい自分や、やりたい事が体現できるようになるためのサポートをするプログラムの無料体験セッションをご用意しております。

初回無料でセッションさせていただきますので、是非ご連絡ください!

詳細は、以下の写真を参考にしてください!

この本を読む目的

  • コーチとしての知見を深めるため
  • エグゼクティブコーチ(CEOコーチング)はどのような感じなのかという感覚を知りたかったため
  • 認知行動コーチングを学んだバックボーンから、単純に興味があったため
  • 表紙がカッコ良かったため
  • リーダーシップに関しての知識も入れてみたかったため

この本から学んだこと

まず、この本の概要からいきます。

この本は、基本的に認知行動科学に基づくコーチングがどのような概念、どのようなコーチングの仕方をしているのかということをメインに取り扱っています。

しかし・・・

この本、それ以上の価値があります。

まじで!

というのも、本のタイトルにもあるように「~年商を100倍にする思考と行動の理論~」という話をしています。

ということは、経営者やリーダーシップ、そのほかコーチングで使っていることを会社の中で応用することができる本となっています。

基本的には、この本を読むことによって学べることは大きく分けて

  • 「マインドセット」
  • 「上司と部下の関わり方」
  • 「会社を大きくするためには」
  • 「認知科学に基づくコーチング」
  • 「コンサルティングとコーチングの明確な違い」

を知ることができます。

コーチングという題名がついているので、コーチングされている方や、コーチングに興味がある人には表紙で伝わりやすいですが、コーチンングを知らない人にとっては

正直伝わりづらいですよね。

でも、このブログを読んだことで、会社の主任クラス以上の方には絶対に読んでもらいたい内容になっています。

特に、「部下との関わりに苦手さを感じている人」や「会社のあり方」についても書いてあるので、少し古い風習が残るような企業にお勤めの方ですと衝撃を受ける可能性があります。笑

もちろん、主任じゃないからダメというわけではありません。

おそらく、この本をちゃんと理解した瞬間に転職または独立を考えてしまう可能性は大いにあります。笑

でも、それって変なことではなくて、今の現状に満足するよりも、より挑戦的でより自分らしくやりたいというような意欲のある方ですと今の会社からの脱退は考えられますよね。

さらに、これからの会社で必要になってくることについても触れていて、こんなことをしている会社にはいない方が良いということも明確に書かれており、私は「わかる〜笑」となってしまいました。

これを読んだことで起こった変化

今までの学校教育を受け、社会人になり、なんとなく仕事をこなしていた時の概念とは全然違う概念を話しているので、うまく伝わるようにすると「エネルギーが上がる」というのがすぐに感じた変化です。

コーチングの中では、様々な造語や、心理学の分野から来ている難しい横文字の言葉が結構あり、「コンフォートゾーン(自分自身の安全だと感じている領域)」「エフィカシー(自分ならできると信じるとこ)」などの言葉で表現されるためなかなか説明がないと伝わりづらくなっています。

この中で書かれていることを一言で表現すると「殻を割って、もっと挑戦しましょう」です。

そして、私はつい先日このコンフォートゾーンを脱するような出来事があり、さらには独立してからは「俺ならできる」、「絶対に負けない」という考えを自分自身にすり込ませることに成功し、この本を読んだためこの章の冒頭にもあるように「エネルギーが上がる」状態となっているわけですね。

さらに、このコーチングで話していることは、基本的には「目標達成」を主眼としているコーチングスタイルなので、私自身が目標としている場所が明確になり、そこまでにやりたいこと、すでに始めていることの強化などが少し鮮明になりました。

また、この本の中では抽象度を上げることについての話が出ており、これに関しては、まだイメージを作っている段階です。

今後の行動プラン

  • コンフォートゾーンを一旦維持したいので、できるかぎり決めている人に会うこと
  • エフィカシーは常に高めておく
  • 無意識的に自分の状態が良くなるような取り組みを考える
  • コーチングスタイルは変えずに、自分の知見としてとっておく

コンフォートゾーンを一旦維持したいので、できるかぎり決めている人に会うこと

これは、少々ネタバレにもなってしまいますが、コンフォートゾーンを作り上げるのは人です。

自分が尊敬できる人や、すごいと感じる人、ここに近づいてみたいと感じた人と会い、話私をすることでコンフォートゾーンを作り上げることができます。

というこは・・・そう人と話をするということですね!

それも、上記で出したような人とです。

私にも近づきたいコーチ、尊敬できるコーチがいらっしゃいますので、このかたとできるだけ話をできる機会を作り、できるだけ多くのことを吸収し、それを世の中へ還元していきます。

これは、一人だけではなく、複数人いるので、他の方ともできるだけアポを取り、10分でも20分でもいいので話をしてもらえるような環境を作り出します。

エフィカシーは常に高めておく

これは非常に重要なことの一つかもしれません。

思い込む力であったり、根拠のない自信って無謀だとかって言われますが、これが行動に変わることによって意味合いは全然違ってきます。

本の中でも出て来ることがあるのですが、「読んだだけでできた気になる」ということ実際にありますよね。

私もこの現象が起こることは少なくなくて、読んで達成感からか満足してしまうことってありますよね。

でも、これでは全く意味がなくて、「実際に行動に移し、体現すること」に意味があるのです。

だから私は、これを意識するためにも、朝一のツイート、さらにはストーリーでスマホのスクリーンショットと一緒に「体現する」という言葉を載せています。

できると感じることを実際に体現することで私自身の変化が生まれてくるのです。

無意識的に自分の状態が良くなるような取り組みを考える

私はまだまだ無意識的に自分が望む方向には行けていない気がしていて、サボってしまう時や、気分が乗らない時などは全然あります。

しかも、これを書いている現在、先日のカーフレイズのやり過ぎでまともに歩くことも困難になっているのでもうなんだかなって感じです。笑

しかし、これは私の中の推測なのですが、コンフォートゾーンの設定ができたのが最近で、これを意識し続けることで、だんだんとここに引き寄せられていくと思っています。

実際に、本でも話が出てくる部分があって、人間の持っている恒常性という効果をご存知でしょうか?

これは、人間の体で言うと、病気になった体は正常な状態になるように元に戻ろうとして、白血球などが体内で活発に働きますよね?

これと同じことで、コンフォートゾーンが正常な場所であると認識することができれば、無意識的にそっちの方へ向かっていくんですよね。

だからこそ、私はこの無意識に近づいていくために動きます。

コーチングスタイルは変えずに、自分の知見としてとっておく

現在、私のやっているコーチングとは、若干異なることがあって、それが目標設定の部分です。

目標の設定はするのですが、コンフォートゾーンと言う言葉や、エフィカシーと言う言葉は用いません。

私自身はCO-ACTIVE COACHINGと言うものを学んでいます。

概要については以下にホームページを貼っておきます。

株式会社ウェイクアップ CTIジャパン:https://www.thecoaches.co.jp

さらにCO-ACTIVE COACHINGに関してのバイブル本についても記事を書いていますので、是非こちらも読んでみてください!

ここでは、クライアント自身のありたい姿(Being)や本当にやりたいこと(Doing)を探していくような形のコーチンングをとっています。

私の原点はこのCO-ACTIVE COACHINGなので、ここを起点としてこれからのコーチングに役立てていきます。

そして、私のコンフォートゾーンをもっと大きな場所に持っていくためにこれからも精進してまいります。

この本を読んで一言

もっともっとコンフォートゾーンを高くして、エフィカシーを高めよ

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました