コーチングを受けると挑戦していく楽しさが増す、大切にしていること6選編

コーチング

本日は

「コーチングを受けると挑戦していく楽しさが増す、大切にしていること6選編」

ということで話をしていきます。

私のコーチング記事では、コーチングとはどういったものなのかについて知ってもらうことにフォーカスした記事の作成をしています。

コーチングを教えることはできませんが、コーチングをすることはできる

ので気になる方はご連絡いただければと思います。

コーチングとは、あなたの中の価値観や、人生の目的などの無意識な部分を深く掘り下げていき、そのイメージを広げます。

その広げたイメージを行動うプランに落とし込んでいきます。

発見・挑戦・成長・変化・目標・充実

これらの言葉にピンときたた私の運営するコーチングサービスへのご連絡をお待ちしております。

以下のHPをご参考にください!

HP:on-coa.com

note:https://note.com/ryota_lifehack/n/n6635e8d0f676

それでは本題!

先日の発見の記事については見ていただけましたでしょうか?

まだの方はこちらの記事になります↓

前回より「発見・挑戦・成長・変化・目標・充実」というものを付け足し、これらについての記事を書き始めました。

というのも、私の人生にはこれらの言葉がなんか合っているようで、こんな言葉が好きな人や興味がある人に私のコーチングを受けてもらいたいという気持ちあがるんですよね。

そして、その第2回は「挑戦」です。

いろんな挑戦をしていくのは楽しいですよね!

そんな挑戦がどんなことにつながっっていくのか見ていきたいと思います!

それではいってみましょう!

挑戦していくこと

あなたは何かに挑戦していますか?

挑戦にはいろんな意味合いがありますよね。

  • 数値的な目標への挑戦
  • 自分自身の行動に関する挑戦
  • 未知の世界に飛び込んでいく挑戦
  • 合否が関わってくるような挑戦

世の中にはいろんな挑戦が転がっています。

でも、これらに関して本気で取り組めている人ってどのくらいいますか?

もちろん、お酒を飲む時間や家族と過ごす時間は大切にすることはいいことです。

しかし、それを理由に挑戦していない人の方が多くいるのでは無いでしょうか?

ここで挑戦していない人には残念なお知らせですが、今の生温い場所に留まり続けているのは「退化」でしかありません。

多分、これに関しては多くの方が賛同していただける答えだと思っています。

挑戦に関しては何回か話をしているので、またかと思われたら申し訳ないのですが

「年齢を重ねるにつれ自分自身を変えてくれる環境は自動的には手に入りません。自分から変化を求めなければ大きな変化は絶対におとずれませn。」

そして、挑戦していくということは新しい自分の発掘作業でもあると思っています。

挑戦していく中でいろんなことを考えるようになるんですよね。

  • 自分自身が本当に大切にしていきたいこと
  • 行動していきたことでの改善点
  • 自分自身の弱み
  • 向き合っていられなかったこと

話せばもっと出てきます。

これは、何歳になっても大丈夫なものだと思っていて、頭で考えることができれば何歳になっても遅くはありません。

自分自身が本当にやりたいと思っていることに関して、自分にはできないと諦めてしまうのであれば、それは自分の人生に終止符を打つことと同義だと思ってもいいのかもしれません。

ここかまで聞いてみると、超ストイックだなーとかっ思ってしまうかもしれませんが、実は今の場所に止まるよりも、挑戦していた方が楽しいです。

では、その楽しさとは何かということについての話をしていきます。

挑戦していくことの楽しさ

  • 失敗しても成功しても経験値がつく
  • 意識的に自分で成果につながる行動をとる
  • 次のチャレンジにつながる

失敗しても成功しても経験値がつく

挑戦したことは、成功失敗にかかわらず、必ず経験値がつきます。

これはどんな事柄でもつきます。

育児や、仕事、趣味なんかでも大丈夫です。

ちなみにこれが副業に挑戦することや、新しく仕事の立ち上げなんかをしたときには、それなりの技術までついてくるという特典付きです。

ものによっては、これからの時代にそうことができればプレミア価格のつく技術かもしれません。

そう考えるとワクワクしませんか?

経験値は、必ずあなたのリソースとなって自分自身を助けてくれるアイテムとなります。

しかも、それが価値観にそって行ったことであるのであれば尚更です。

私は、コーチングの傍でブログを書いたり、YouTubeの動画作成、なども行っておりいろんな技術の習得をしているところでもあります。

自分のできることが増えると、それだけ関わりの持てる人の幅も広がると思いますので、良いのでは無いかと感じます。

意識的に自分で成果につながる行動をとる

ここに関しては、正直大変なこともあります。

というのも、仕事をしながら何かに挑戦していくということは、仕事の時間と睡眠の時間を削った、残りの6~8時間程度の時間のやりくりになってきます。

その中には、移動時間があったりご飯を食べる時間があるので、結局2時間程度は潰れてしまいます。

この時間に何を詰め込んでいくかという話になってきますので、なかなか大変なところではあると思います。

でも、これが本当にやりたいと感じている挑戦であれば、残りの時間を成果につなげるために使いますよね?

これがとってもいい時間で、自分で考えて行動する、いわば主体的に行動できる唯一ともいえる時間です。

会社にいたり、家庭にいると、自分自身の主体性よりも周りのことって言われますよね。

でも自分が自分のために、自分自身の時間を使えると考えるとワクワクしませんか?

しかも、その挑戦で成果が出ればお金につながる可能性だってあるし、本当にやりたい仕事として生計を立てられるようになる可能性を秘めています。

正直お金がどうとかって話をするのはあまり好きでは無いのですが、現実的に好きなことで生計立てることができれば嬉しいですよね?

大変なことではありますが、達成した時の自分はきっと「辛かったけど楽しかった」・「やってよかった」といえる自分になっているのでは無いかと思います。

時間の使い方に関しては以下の記事でも紹介しています。

次のチャレンジにつながる

これは私の実体験から話をさせていただきます。

先ほども話をしたように、私はいろんなこと取り組んできました。

その中で、わかったことは

「自分の前に立ちはだかる壁は、触れてみて質感や硬さ温度などが分かると実はそんなに高く無い可能性がある」

ということです。

実際に独立してから1ヶ月ごとに結構大きな挑戦をしていて、4月はホームページの作成、5月は広報、6月はクライアントを確保するために営業、そして7月はYouTubeを始めました。

みなさんからすると大したことないと思われるかもしれないですが、これは私がやったことのない領域ですので全て挑戦だと捉えています。

正直始める前は、怖いし恥ずかしいし逃げたくなるんですが、ここは自分の弱さだと認知することで自分から飛び込むと割と大丈夫だったみたいなことがあります。

そして、これが分かると次もやってみよう!何か違うことにも取り組んでみたい!というふうになります。

しかも、そこにコーチがいたらどうですか?

案外1人でできないことも、コーチが伴走するとできちゃったみたいなことはよくあることです。

一緒に挑戦しませんか?

コーチの多くは、自分自身にマイコーチをつけていることがあります。

つけていない人が悪いのではなく、その人はすでにコーチングを完了し、自分の足で挑戦し始めている状態です。

コーチはコーチとしているために、多くの人が、自分自身の現場から飛び台してアグレッシブに物事に取り組んでいます。

それは、クライアントに対しての見えないエールになっているのかもしれません。

だから、一緒に挑戦しませんか?

コーチング受けること自体が挑戦であってもいいと思います。

あなたにとっては初めての体験かもしれませんしね!

でも大丈夫!

挑戦していくことの楽しさを一緒に探していきましょう!

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました!

いかがでしたでしたでしょうか?

挑戦というテーマだったので結構暑苦しく語ってしまいましたが、時には暑苦しくやってみるのもいいかもしれません。

特に普段クールな人が熱くなっている姿を見るとちょっと涙腺が緩むレベルで私は好きです。笑

何かに取り組んでいる人は、それが達成できたらどうしたいのか、どうなっていきたいのかをコーチングで考えていくこともできますので、ぜひコーチングを受けてみてください!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました