[COACHING]コーチングを受けている人の特徴、あなたはいつから変わりたいですか?

コーチング

本日は

「コーチングを受けている人の特徴、あなたはいつから変わりたいですか?」

ということで話をしていきます。

私のコーチング記事では、コーチングとはどう言ったものなのかについて知ってもらうことにフォーカスした記事の作成をしています。

コーチングを教えることはできませんが、コーチングをすることはできる

ので気になる方はご連絡いただければと思います。

コーチングとは、あなたの中の価値観や、人生の目的などの無意識な部分を深く掘り下げていき、そのイメージを広げます。

その広げたイメージを行動うプランに落とし込んでいきます。

以下の写真をご参考にください!

私が受けているコーチングはこちらから!

リーダーシップ、コーチング|CTIジャパン
コーチング、リーダーシップ・プログラムを提供するCTIジャパン。国際コーチ連盟(ICF)に世界で初めて認定されたプログラム(ACTP)を提供しているコーチ養成機関です。

それでは本題!

あなたは、コーチングを受けている人が周りにいらっしゃいますか?

個人で受けている人は少ないのかもしれないのですが、会社の研修や、取り組みで取り入れている会社様も多いかと思います。

最近ではこう言った会社の研修や、日本人の考え方の変遷からコーチングの需要が少しづつ高まりつつあるのを感じます。

そして、先日ある方とちょっと話をしたときに、こんな人は結構コーチングを受けていることが多いよと言う話をいただいたこと、こんな人がコーチングを受けているんだろうなと言う考えが生まれたことから、今回の記事を書く経緯に至りました。

全て正しいわけではないですが、ちょっとでも興味がある方はみていただけると嬉しいです!

それではいきましょう!

コーチングを受けている人には1つの共通点が必ずあるかもしれない話

まずは、コーチングを受けている人の持っている考え方の一つに、これだけは間違い無いであろうと言うことを最近感じているので、そこを深めていきます。

それは

「現状を変えたいと思っている」

間違いなくこれだけはあります。

しかし、これの見極めも結構難しいところがあると感じていて、直感的になのですが、現在コーチングをしている人の中にはこんな感じの人もいます。(友人で無料コーチング受けてくれている方です)

「変えたいとは思うけど、実はたいしてそれを思っていないこと」

以前にこんな記事を出したのを覚えているでしょうか?

この記事で本当に伝えたかったことは、そう言うことだったんです。

あくまでも、この記事では、そこでの解決に向けた記事として書きましたが・・・

とにかく今の現状を打破したい・もっと自己成長したいと感じている人の多くは恐らくコーチングを受けています。

今この記事を読んでみて、私も変われるならと感情が湧き上がった方は、すぐに私のコーチングに申し込むことをお勧めします。

変わりたいと感じたときに動かないと、この先いつ動くためのトリガーが出てくるかわかりません。

なるべく長い時間、自分の大切な人生を生きていくためにも、ぜひやってみてください。

実際にコーチングを受けている人はどんな人が多く感じるのか

  • もっとお金を生み出したいと考えている人
  • もっと自己成長したいという、成長意欲の強い人
  • 挑戦を加速化させたい人
  • 学力の高い人
  • ある程度の収入がある人

もっとお金を生み出したしたいと考えている人

皆さんは、今のもらっているお給料で満足ですか?

それとも、もっと欲しいですか?

はたまた、お給料は上げたいけど、そこまででは無いって感じですか?

これは、その人のお金に対しての尺度がかなり入ってくるので、人それぞれ違います。

私はお金に関してこう言った考えを持っています。

「お金を稼ぐことは、社会に貢献していることである」

もしかしたら、中にはそんなに頑張らなくても稼げている人はいるのかもしれません。

しかし、そう簡単にお金を稼ぐということは、楽なことではありませんよね?

今のお給料を自分で済み出して行かなければいけない立場になってみると、超わかりやすいですよ。

会社勤めでは無い人は、会社がやっていることを全て自分のてで(アウトソーシングができれば別)やっていくんです。

こんな言い方は良く無いですが、お金を生み出したい人は恐らく平社員にはいません。

少なからず、自分の階級を上げて会社の中でも、上のほうに行きたがる人はコーチングを受けている人が多いように感じます。

※多少の偏見はお許しください。

もっと自己成長したいという、成長意欲の強い人

これは、少し上の人につながる部分もあるのでは無いかと思います。

自己成長の意欲が高い人って、常に考えている人が多いですよね。

これは、筋トレ、スポーツ、勉強、仕事などなどジャンルは問わずに、もっと成長していきたいと願っている人は非常に多いです。

実際、成長意欲のある人はいかに、自分をよくして行こうかを考えていますよね?

そういった方って、やっぱり陰で努力していたり、お酒の付き合いも少ない傾向にあるような気がします。

事実、私自身も成長意欲というのは非常に強く(効率はいつも悪い)今年は特にお酒の量を意図的に減らしています。

これやってから、日々の体調が断然によくなったのと生活のリズムが完全に戻ったことが私にとってメリットでした。

その代わり、たまに飲むお酒はめっちゃくちゃ酔っ払います。

飲んでいる人もほどほどにが良いのではないでしょうか?

挑戦を加速化させたいひと

もうすでに、挑戦できている人も中にはいらっしゃいますよね?

その挑戦の加速化をしている人も結構いると思います。

そして、その加速化を促していくのに、コーチングが有効なんだということです。

というのも、意外と今思っていることだったり、やろうとしていることが実は、まだまだ自分の中でセーブかけている上ちゃいということもあります。

そこから、また違う視点であったり、もっと違うものを作り出すクリエイティブさというものが助長されるような感じがします。

そして、その挑戦がもっと進みやすく、加速感が増していくような感じを受けます。

学力の高い人

これ、実は結構不思議な現象だと思っていました。

というもの、コーチングの講座受講しているときに気がついたことは、関関同立であったり、少なくともmarch以下の人ってあんまりいないんですよね。

まぁ、私は国士舘大学という素晴らしい大学を卒業させていただきましたが、学力値としてはパッとしないですよね(笑)

周りからは脳筋だと思われがちです(笑)

しかし、学力値の高さというのは、恐らく自己成長意欲の高さに比例している部分が少なからずあるのかな〜って感じます。

やはり、他の人とは行動量であったり、挑戦の量が1段階以上上にいる気がします。

これは、受験勉強で、高い競争率の中を潜り抜けてきていることや、自分のやりたいことに対してコミットしてきているというような強みを持っている人が多いのが要因であると考えています。

武井壮さんの言葉でこんな言葉がありました。

「学校にはそれぞれの分野で社会的に認められた先生がいて、学校に行けば、好きなだけ勉強してもいいよというプレゼントをしてくれる場である。これは、ねガンがつけられない宝石箱を渡されているようなもの。それをポケットに入れてもいいよと言われているが、入れるか入れないかを決めるのは、君たちの勝手です。でも、ポケットに宝石入ってない状態で就職活動に行っても、大人の人たちは、ポケットの中に宝石入っってないよね?ってことがわかってしまう。だったらジャラジャラつけていったほうがいいよね?」

by 武井壮

※ニュアンスが間違っていたら済みません

これめちゃくちゃ社会人になり、響きの強い言葉になっています。

これをみている学生さん!

がんばれ!

ある程度の収入を持った人

これ、社会的に言われるような、初任給程度以上のお給料を指します。

コーチングは1回で終わることはほぼありません。

人のマインドや、行動を変えていくためには、時間がかかります。

ということは、毎月・毎回・もしくは契約期間中のお金を支払っていく必要がありますよね?

これは、かなり現実的な問題になってしまうのですが、ある程度のお給料をもらっていなければ、コーチングにかけるお金すらないことだってざらにあると思っています。

まずは、必ず収入を作り出すことが最優先です。

それができなければ、本当に1回のみのコーチングセッションで、2時間分のモチベーションを上げただけで、その後に続いていく保証は一切ありません。

特に、コーチングを受けたことがな人は余計これを感じることになるのかもしれません。

このような懸念から、是非、継続的なコーチングを受けていただくことをお勧めいたします。

さらに、コーチングは継続することで、挑戦の加速化にもつながります!

最後に

いかがでしたでしょうか?

コーチングを受けている人は現状を変えたいと考えています。

もちろん、現状を変えたいひとだけでは無いと思いますが、その傾向が強いということです。

これを見たあなたは、これからの人生どうやって生きますか?

毎日、消化試合で過ごすのか

それとも、今日今から人生を変えていくのか

選択は自由にできます。

是非、あなたにとって最高の人生だったと思える人生を送っていただきたいと感じてきます。

そして、もしかするともう40歳や50歳の大先輩方が見てくださっている可能性もありますが、全く遅くないですよ!

人は、変わりたいと思った瞬間から変わることができると思っています。

さぁ、体現しよう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました