[coaching]実行力と構造化、〇〇することがやっぱり良いのかもしれないことがわかりました

コーチング

本日は

「実行力と構造化、〇〇することがやっぱりすごいのかもしれないことがわかりました」

ということで話をしていきます。

私のコーチング記事では、コーチングとはどう言ったものなのかについて知ってもらうことにフォーカスした記事の作成をしています。

コーチングを教えることはできませんが、コーチングをすることはできるので気になる方はご連絡いただければと思います。

以下の写真をご参考にください!

それでは本題!

皆さんは、自分の中で何か変えようとおもっても変わらないことってありますか?

「実は、転職したいんだけど、スキルもないし、知識もない。そのために、本でも読んでみようと思っっているんだけど、なかなかできないんだよね〜」

「ブログを書いているんだけど、毎日ってなると仕事、付き合い、お酒のせいでなんともうまくいかなくて。しかも内容だって毎日は思いつかないよね〜」

と言ったような声が聞こえてきそうですが、いかがですか?

これらに関して、コーチングの中で実際に行動に移していくときに使う技術が使えるかもしれないことを体感しましたので、是非共有できればと思います。

コーチングに感して、ブログで話していることは、あくまでも、コーチングの中で学んだことを生かしてどのようにしていけるのかについて書いていることがメインになります。

コーチングを受けたい方は、無料体験セッションを行なっていますので、上記の画像の通りお願いいたします。

さらに、コーチング を学んでみたいんだという方は、私もこのワークショップ形式の講座に通っています。

私が勉強しているCo-Activeコーチングは、株式会社ウエイクアップ CTI ジャパンの登録商標です。 
より詳しくお知りになりたい方は、 CTI ジャパンのホームページをご覧ください。
https://www.thecoaches.co.jp/

それではやっていきましょう!

実行力

コーチングの中で、かなりクライアントのイメージを広げ、現実的な行動に落とし込んでいく作業をして行くのですが、この最終的な行動は、クライアント自身が行動を起こさなければ、コーチングをやった意味が全くなくなってしまいます。

そもそも、コーチングの中では「結果」や「事柄」に焦点を当てるよりも、「その人」であったり、「行動すること」についての焦点がかなり大きくあると感じています。

だからこそ、コーチングを受ける価値が私はあると思っていて、コンサルティングやティーチンングとの違いになっている大きな部分の1つでは無いかと思っています。

以前からお話しをさせていただいているように、コーチングは長期的な成功を、コンサルティングは目の前の成功をということを話していると思います。

こちらの記事でいろんな違いを見る事ができますので、参考にしてみてください。

長期的成功のためには、今この瞬間からあなた自身のイメージや、響く方向に進んでいく事が必要になってきます。

コーチングも1回や2回では恐らく本質的に変わってくることはありません。

自分の行動から感じたこと、どうすればあなたが理想のあなたに近づけるのか、どんどん修正を加えて行くことで、少しづ変わっていきます。

私のコーチングでも、最低3ヶ月は継続契約をいただいておりますが、実際に2ヶ月ぐらいしてようやく行動が変わる人が多くいるような感覚です。

しかし、そこまでの過程も絶対に捨てないでください。

それもあなた自身を構成するリソースになります。

失敗の過程は共有するといいかもしれない話

ここで先程の過程について話していきたいのですが、先日こんなツイートをしました。

これも、私がしでかした失敗をを共有したツイートとになります。

私は、いかんせんブログ初心者のため、メタディスクリプションやSEOそしてスラッグ・パーマリンクなど全然理解せずにドメインを取得し、サーバーを作り記事を書いてきています。

そのため、スラッグ・パーマリンクで大きなミスをしていたことに気がつきもせずに、100記事以上の記事の作成をしていました。

その結果、先日67ツイートもさせていただき、フォロワー様にはご迷惑をかけたことでしょう。笑

初心者なので許してください笑

しかし、このまま終わってはもったいないですよね。

この失敗って、恐らく初心者でブログの構築からして行くと結構やってしまう人も多いのではないでしょうか?

ましてや、今までほとんどITに関しての知識をつけてきていない人はそうなるでしょう。

これはいろんな人が言っていますが

「人の成功形態は真似ても意味ないですよ。それよりも、その人の失敗を学んでください。失敗には共通点があり、同じところでつまづく人が多くいる事が真実です。」

そう、成功の仕方は十人十色ですが、失敗に関しては同じ人が多いのです。

今度失敗に関して、モチベーションの記事で詳しく書きます。

構造化

実行できた方、おめでとうございます。

とうとうなりたい自分への1歩を踏み出しましたね!

しかし、これはアップデートし、継続を続けて行かなくてはいけません。

そのために有効なのが、構造化の能力です。

実際にコーチングの中でもやって行く作業の一つです。

この記事をご覧の皆様は、きっといろんな体験をしてきて、いろんなリソースを持っているため、構造化のイメージは結構できるのではないでしょうか?

例えば、朝職場では新聞を読むであったり、メールを返すなどやってきた人も少なくないと思います。

それでは、この実行することに関して構造化させていきましょう!

例を用いて解説します。

先日、コーチングの講座に出席した時の話なのですが、ある一人の方が朝早く起きるために、カフェに行くことをし始めましたという話を聞きました。

これもひとつの構造化で、朝早く動き出すための理由ができれば早く動きますよね?

これを聞いた私は、「お、これ俺もやりたい!」と思いカフェに行き出しました。

実は、これここ1週間ほどの話で、かなり情報としては新鮮なのですが、実際にやり始めました。

1週間してわかったことは、「いかないと気持ち悪くなる」ことです。

これは体の気持ち悪さではなく、気分的な違和感ですね。

なんか、カフェに行かないとサボっているような感覚になり始め、この記事を書き始めたのも、朝開店してすぐのカフェです。

今までは、朝の10時ぐらいに起きてゆっくり作業していたものが、今ではその時間には頭もスッキリして、かなり充実度が高い位置にいられています。

私は周りに同じような人がいないので、いつも一人で何かを始める事が多いのですが、もし周りに同じような人がいらっしゃる人は、是非仲間と一緒にやってみると一段ハードルが低くなり動きやすくなります。

渋谷でプログラミングの会社経営をされているマコなり社長こと「真子 就有」社長がYouTubeで話していたことは、朝カフェにいくことを友人と約束し、時間までに来れなかった人は、コーヒーの自腹が待っていたそうです。笑

学生的なノリで楽しく構造化しているのが羨ましいですが、こんな感じで友人がいることによってゲーム感覚で構造化できる例もありますので、試してみるといいでしょう!

特に意思が弱い人にはとっておきの劇薬になるかもしれません!

コーチングを受けると質の高い構造化がしやすくなる事実

コーチングは、コーチとクライアントの積極的な会話から成り立っていコミュニケーションビジネスですという話を以前記事で書きました。

その記事がこちらです。

実際に、言葉であったり、会話にして行くことで自分が思っていることや、エネルギーの量が上がります。

恐らく、コーチングを初めていくときにやることとして、人の価値観であったり、人生の目的文を決めていくので、それらが可視化されるため、クライアントの中でどんなことをすればそれができるのかがわかってくるはずです。

日々移り変わる考え方や、イメージの違いによっても変わってくるもので、もっとできるというようなイメージができれば、そこに向けて動き出す事が容易になります。

認知科学コーチを学んでいる方は「コンフォートゾーン(自分自身の考えている・安全圏な領域)」なんていう方もいらっしゃいますが、コーチングを受けることで、これらから抜け出し、もっと質が高く、エネルギー量の高い動きや構造化ができるようになります。

最後に

いかがでしたか?

今回は、「実行力」と「構造化」についての話を深めていきました。

人生をより良くしてために大事なものの1要素であることは確信しています。

実際のイメージをいかに現実の行動に落とし込んでいくのか、そしていかに質の高い物を作り上げて行くのか、、有形商品の質をあげるのと同じですよね。

有形商材でいえば「物」になりますが、コーチングでは「クライアントの行動」になります。

皆さんは、どのようにその質を高めていきますか?

もし、「質を上げたい!」・「もっとできるようになりたい!」・「毎日の充実度をあげたい!」というような方がいらっしゃいましたら、是非私の無料体験セッション受けてみてください!

無料セッションでは1回でその契約切ることもできますので、まずは試しに連絡いただければと思います。!

今日ダメだった人も、明日頑張りたい人も、充実した毎日を送っていけることを願っております!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました