コーチングを受けると充実する時間が増す、コーチングで大切にしていること6選編

コーチング

本日は

「コーチングを受けると充実する時間が増す、コーチングで大切にしていること6選編」

ということで話をしていきます。

私のコーチング記事では、コーチングとはどういったものなのかについて知ってもらうことにフォーカスした記事の作成をしています。

コーチングを教えることはできませんが、コーチングをすることはできる

ので気になる方はご連絡いただければと思います。

コーチングとは、「クライアントが主体的に深く考え行動できるように、対話をして支援すること」です。

発見・挑戦・成長・変化・目標・充実

これらの言葉にピンときたた私の運営するコーチングサービスへのご連絡をお待ちしております。

以下のHPをご参考にください!

HP:on-coa.com

note:https://note.com/ryota_lifehack/n/nc6fb7e3b5ef0

それでは本題!

みなさんは、充実した毎日を過ごしていますか?

充実ってかなり漠然としているし、抽象的だし、わかりづらいですよね。

しかし、私はコーチングを受けることで、より自分らしく、より充実した毎日を送ることができると感じています。

ということで、本日はコーチングを受けることで、どんな充実が生まれているのかについて話をしていきます!

それではいってましょう!

コーチングでどんな充実感が生まれたのか?

  • 自分自身のことをより深く知ることで、可能性を感じでチャレンジできるようになった
  • 自分自身の気づく感度が高まって、よりいろんな選択肢を自分自身で選ぶことができるようになった
  • 嫌なものと向き合うことで、少し自分自身の殻を破ることができるようになった
  • 自分だけではできないと感じていたことが、コーチとの会話を通してできるようになった

自分自身のことをより深く知ることで、可能性を感じてチャレンジできるようになった

まず初めに、コーチングを知らない方向けに軽く説明をいたします。

冒頭にも載せているようにコーチングとは「クライアントが主体的に深く考え行動できるように、対話をして支援すること」ということで説明しています。

対話と言いますが、アドバイスはしません。

基本的には、クライアント自身に焦点を当てて質問を行っていくことで、何かに気がついていく作業になります。

これをすることによって、自分自身がどんな可能性を持っているのか、どのような価値観から自分自身の未来を作っていきたいのかなどを知ることができます。

これは非常に大切なことであると感じていて、私たちは仕事や学校などの外部的な影響によって忙しくしていることから、時間の余裕がなくなり様々なことに無意識になってしまいます。

特に、自分自身の価値観や可能性さらには本心など、自分自身で隠しているものから無意識になっていることまで様々ですよね。

これらを知ることによって、より深く考えることにつながり、行動することで大きな充実感を感じています。

自分自身の気づく感度が高まって、よりいろんな選択肢を自分自身で選択できるようになった

まず初めに、気づくことの感度があると感じています。

これは、数値や表現できるものではないのですが、言葉としては着想やひらめきなんかが近い感覚です。

着想やひらめきに関しては、人によってかなりばらつきのあるものであると感じています。

しかし、これはある程度の期間トレーニングを積むことによって、筋肉と同じように大きくより強くなっていくと感じています。

最近では、コーチングだけに限らず、誰かと話をしている中でも自分自身のことに気がついたりとか、セルフコーチングしている中で何か気がついたりだとか、はたまたブログを書きながら何かに気がついたりとか、様々な部分で感じることがあります。

そして、この気がつく能力が高くなると、ちょっと違った視点からのアプローチを考えることができたり、その視点をまた動かしてみたり、また初めの視点に戻っってみたりすることで、より最良な選択をしていくことが、できるようになると感じています。

嫌なものと向き合うことで、少し自分自身の殻を破ることができるようになった

みなさんは自分自身が持っているコンプレックスや、嫌いな部分など正直向き合いたくない部分と向き合ったことはありますか?

実はこれが非常に大切なことだと感じています。

私たちは、日々の毎日を充実させることや笑顔で過ごしていくために、嫌な部分はできるだけ見ないようにして過ごしていたり、過去の自分自身も捨ててしまうことってよくあることではないかと感じています。

でも、これは自分自身が進化していく過程において非常にもったいないことだと感じています。

それは、全て自分自身のリソースとなり、何かに役立つ時がくるからです。

実際に、先日話をした「自分の価値をハーバード大学の心理学講義」という本の中にも出てきたように、自分自身のパーソナリティー性をうまく使いこなすことで、より大きな力となります。

実際に、この本の中に出てくる教授の中には前に出るのが苦手な人がいましたが、それをうまく利用することで、先生としての職務をまっとうされています。

「自分の価値をハーバード大学の心理学講義」はこちらから

また、自分自身の殻を破っていくためには弱みと向き合っていくことで、向き合わないよりも早く、大きく成長することができると感じています。

さらに、この向き合ってもがいて苦しんでいる状態の時こそ大変だけど充実しています。

自分だけではできないと感じていたことが、コーチとの会話を通してできるようになった

実際に、これはできないなーって思うことはありませんか?

私は結構あって、実は人前に出ることはあまり得意ではないので、目立った行動はしないようにしていたのですが、コーチングを受けたことからそれをすることが苦ではなくなりました。

これは、コーチングの中で視点を変えていったこと、自分自身がその場に立った時の臨場感が高くなったことが要因だと感じています。

視点に関して、こちらも参考にしてみてください。

目標を達成していくことや問題の解決をしていくこと、さらには自分自身をもっと成長させていくことや、より自分らしく生きていくことを選択していくときには、結構大変なこともありますよね。

実際に痛みを伴うこともたくさんありますし、辛い経験もたくさんすることもあるかもしれませんが、ここを乗り越えること、自分自身が突破していくという力強い意志とその姿勢を本気で応援してくれるのが、コーチでもあるのです。

自分が自分を乗り越えたとき、目標を達成したとき、成長を感じたときに感じる充実感はみなさんも知っているようにとてつもなく嬉しいですよね。

人との対話には充実も可能性も眠っている

これは、先日私がツイートしたものです。

これはめちゃくちゃ本心で、コーチングセッションに限らず、最近ではいろんな人と話すことに可能性や充実を感じることができるようになってきました。

もともと私は人と話をすることが得意ではないのですが、これができるようになってきたことから、また自分自身の殻を一つ破れるような感覚が出てきました。

私は、現在コーチとして仕事をしている以上絶対に歩みを止めることはありません。

むしろ止めたいと思っていません。

もっと充実した毎日を送りたいし、もっと成長を感じていきたいと思っています。

そして、もっと良いコーチングの提供につなげていきます。

最後に

最後までご覧いただきありがとうございました!

いかがでしたか?

実は今回の充実がコーチングの大切にしていることの最終回になります。

ここまでの前5回分を載せておくので、ぜひどんなことが起こるのかについて、私知りたい方は以下のリンクからご覧ください。

発見

挑戦

成長

変化

目標

コーチンングは無形の商売ですし、言葉にはしづらいサービスであることから、クライアントになっていただける方もたくさんいるわけではありません。

しかし、受けたことのある人にしか、本気で自分自身と向き合ったことのある人しか知ることができないこともあるので、ぜひサンプルセッションを受けてみてご自身のコーチを探してみてください!

コーチンングにおいて相性は受容だと思っています。

あなたの可能性を最大まで発揮させてくれるコーチと出会えることを願っています!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました