[ランチ]台湾食堂 台南担仔麺 (神保町)

神保町

皆さんこんにちは。リョータです。

暑い日が続いており夏バテしている方もいらっしゃるのでは?

8月も終盤になってきたので、この暑さも残り1ヶ月〜2ヶ月というところでしょうか?

という事で今回は、ガッツリ食べられる台湾料理のお店をご紹介します。

台湾食堂 台南担仔麺 (神保町)

さて今回は、神保町にあります台湾食堂、台南担仔麺さんにきました。

私が頼んだ料理がこちら、魯肉飯(ルーローハン)定食、税込み930円になります。

何と、丼の付け合わせに担仔麺(タンツーメン)と搾菜(ザーサイ)がついてくるのは驚ですね。

ちなみに担仔麺(タンツーメン)とは小ぶりの具入り麺のことだそうです。

魯肉飯(ルーローハン)には大きな豚の角煮が何と4つもついてきます。このお肉がとっても柔らかくてボリューミーなんですね。

さらに卵と挽肉、高菜、小松菜を少しづつ混ぜると味が変化していき食べる楽しさが増していきます。

お肉には、八角という香辛料が使われており、かなり本格的な味付けとなっています。

ここで、その他のランチメニューも載せておきます。

ちなみに店内の雰囲気はこんな感じで、こちらもかなり雰囲気があって好きです。

後で気づいたのですが、読売ジャイアンツ監督の原監督のユニフォームが飾ってありました。

恐らく、選手を連れてきたり、プライベートでもくるお店になるのでしょうか・・・

神保町に立ち寄る際は是非行ってみてください。

満腹度  5  (5段階)

食べログ 3.57

コメント

タイトルとURLをコピーしました