コーチングが必要な理由と9月スタートのクライアント募集について

お知らせ

本日は「コーチングが必要な理由と9月スタートのクライアント募集」について話をしていきます。

ということで話しをしていきます。

コーチングとは「主体的に深く考え行動できるように、対話を通じて支援していくこと」です。

詳しくは、8月のクライアント募集のページに載せていますので、こちらをご覧ください。

みなさんはコーチングという言葉を聞いて怪しく思ったり、正直胡散臭いと感じることはありますか?

それもそのはず、基本的には言葉としてわかりづらく説明を受けることもあることや自己啓発みたいで気持ち悪いと思われる肩もしらっしゃるかもしれません。

しかし、現代ではこのコーチングが少しづつ普及してきていることも知っておく必要があるのではないかと感じたので、今回はなぜコーチングが注目されているのかということについて触れていきたいともいます。

注目されているコーチングが必要な理由

  • 主体性を持つことがモチベーションにつながるから
  • 無意識になっていることに気がつくことはクリエイティブ性を高めるから
  • ロジカルシンキングと組み合わせる事でより大きな力を発揮するから
  • より自分自身の組織の理想とする未来に近づく可能性が最大化するから

主体性を持つことがモチベーションにつながるから

私のブログでは以前お伝えしているのですが、みなさんはモチベーションがどこから生まれますか?

元を辿っていくと、自分自身の主体性がある感情にモチベーションがあります。

思い出してみてください。

みなさんが生きてきたこれまでの時間で、この時のモチベーションは最高だったという瞬間はありますか?

私は高校最後のバスケットボール部での試合、周りから期待されていなかった高校でしたが、もう少して大きな成績を残すことができそうな位置まで行きました。

結果的には試合時間残り15秒の時点で逆転負けをしましたが、そのときには「本当に勝ちたい」「絶対に負けない」などの強い気持ちがありました。

そのため、私のモチベーションとしてはかなり高い位置にあったと思います。

そのほか、東京消防庁の選抜試験では、1年の浪人時間を経て挑みました。

この時には、「私なら絶対にできる、消防士になる」「誰よりも勉強してきたから絶対に受かる」「倍率など関係なく、私が一番で受かりたい」という強い気持ちがありました。

これらの強い気持ちが自分自身の本当に出てくるモチベーションにつながります。

これは、自分自身のこれから歩む未来やキャリア、そして日常における部分においても同じです。

自分自身の強気気持ちや感情が湧き出ることから、思考や行動が変わっていきます。

コーチングでは主体性を持ちコーチングを受けることによって、より強いモチベーションとなっていきます。

無意識になっていることに気がつくことはクリエイティブ性を高めるから

みなさんが意識的になっていないことはなんですか?

例えば、今だとマスクが欠かせないものとなっており、マスクを忘れてしまうと意識的に「ヤバイ買わなきゃ!」となりますよね?

では、こんな事ではどうでしょうか。

みなさんの記憶の中で印象的な過去の出来事を思い出してみてください。

その時、その場所に見えている色の数はどれくらいありそうですか?

私もやったことがあったのですが、実は3~4つほどしか答えることができませんでした。

つまり、私の無意識ですよね。

これに関して日常においても同じです。

いろんな無意識が意識の中に入ってくる事で、より多くのことを結びつけることができます。

これからの社会において、クリエイティブになるということはAとBを掛け合わせることだと言われています。

コーチングでは、コーチと対話していくことで無意識になっていることを意識の中に持ち込みよりクリエイティブに人生を送る助けとなっていきます。

また、大切なことが無意識になっていることもあることから、無意識が意識になることで自分自身の価値観や目標が変わってくる可能性があります。

ロジカルシンキングと組み合わせる事でより大きな力を発揮するから

先ほどクリエイティブ性が高くなるということを話しましたが、これはロジカルシンキングと合わせる事でより大きな力となります。

以下の画像をご覧ください。

こんな図を見た事はありますか?

これが一連の流れの流れで、現代社会においてロジカルが大切だと言われていますが、実はロジカルにも落とし穴があります。

それは、効率化、言語化、事実、正確にということをやっていくことになっていくのではないかと思いますが、これは意識になっている今年か、できないんですよね。

しかも、言葉そのものに圧迫感を感じませんか?

そう、ロジカルにやっていくこともとても大切なのですが、クリエイティブにやっていく事で、今までになかった選択肢が生まれることからより良い答えや、成果につながる可能性があるんですよね。

コーチングでは、この選択肢や視点という部分を大きく広げるきっかけになるのです。

そして、コーチングの最後には行動に移すことから少しづつロジカルな考え方になっていきます。

より自分自身の組織の理想とする未来に近づく可能性が最大化するから

ここまでの話の収束になっていくのですが、コーチングの中でモチベーションもクリエイティブさも、選択肢も視点も増えていく事で、自分自身のことを最大限知ることで、自分自身を使える量が最大化することによって、自分自身のことはもちろん、会社などの組織、さらには家族関係や男女のパートナー間でもいい影響が出てくることとなります。

特に、自分自身の未来を理想的にしていきたい、組織を最大化してより大きな売り上げをあげて上場させたいなど、大きな目標を願っている方はコミットしていく力も強くなることからコーチングを受ける事で、本当に理想に近づいていく可能性も高くなると感じます。

9月のスタートのコーチングクライアントを募集します!

自分自身にコミットしていきたい方からのご連絡お待ちしています!

ご連絡はTwitterのDMもしくはHPよりご連絡ください!

Twitter:https://twitter.com/ryota1208coach

HP:http://on-coa.com

コメント

タイトルとURLをコピーしました