MacBookの裏技を紹介します、これができればいろんな作業が捗るかも!?

仕事・キャリア

本日は

MacBookの裏技を紹介します、これができればいろんな作業が捗るかも!?

ということで話しをしていきます。

私は、2021年3月までは東京消防庁の消防士として仕事をしていましたが、新しいことに挑戦したいという気持ちから消防士という安定した職場を離れました。

そんな現在は、ライフコーチとブロガーをしています。

ライフコーチはアメリカや海外ではかなり市場規模も大きくなっている職業であり、一般の人がライフコーチをつけることが当たり前になっていますが、日本ではまだまだ発展途上な職業です。

もっと成長したいという環境を求めている人や、自分のことを知ることで充実した人生につなげていきたいと考えている人にコーチングを提供しています。

発見・挑戦・成長・変化・目標・充実

これらの言葉にピンときたた私の運営するコーチングサービスへのご連絡をお待ちしております。

以下に「ON/COA」のホームページおよび、notoに詳しく概要を書いていますので、ぜひご参考にしていただけると嬉しいです。

ON/COA:http://on-coa.com

noto:https://note.com/ryota_lifehack/n/n6635e8d0f676

それでは本題!

あなたはMacBook Proのユーザーですか?

今回の記事の超メインはMacBook Proのユーザーしか使えないものとなって知るのですが、他の機種でも使うことができる機能を紹介していきます。

もしかすると、人によっては知っていることもあるかもしれませんが、是非便利な機能を使ってパソコンの持つ能力を最大限引き出していきましょう!

それでは行ってみましょう!

私の使っているデバイスの紹介

私が使っているデバイスは

MacBookPro13インチ

  • 第10世代の2.0GHzクアッドコアIntel Core i5プロセッサ(Turbo Boost使用時最大3.8GHz)
  • True Tone搭載13インチRetinaディスプレイ
  • Touch BarとTouch ID
  • Intel Iris Plus Graphics
  • 16GB 3,733MHz LPDDR4Xメモリ
  • 512GB SSDストレージ
  • Thunderbolt 3ポート x 4
  • バックライトMagic Keyboard – 日本語(JIS)

特にカスタムとかもしておらず、私が行っている作業ぐらいではかなり調子いいです。

私の中で特にいいのはタッチバーとタッチID(指紋認証機能)がついていること!

こいつらが結構便利で、パスワードうちっこまなくてもタッチするだけでパソコンのロックを解除することができます。

タッチばーでは結構いろんな機能がついていて、主に画面や音量の設定であったり、フォントのカラーや太さ、アンダーバーの選択なんかもできます。

さらに、Thunderbolt 3ポートが4つついていることにより、充電場所が右にあっても、左にあっても場所を選ぶことなく使用ができます。

ただし一つだけ欠点があって、それは「動画の編集」です。

動画の編集をしている人でなければこんなことはないと思いますが、ファンがめっちゃ回っていても、パソコン結構熱くなります。

特に泊まるようなことはありませんが、本体の暑くなるのだけデメリットな部分です。

その他、サイズも小さくて気に入っています。

MacBookで使える裏技

  • YouTubeの広告を時短できる
  • スクリーンショットとスナップショット
  • リンゴマークを打つ
  • 絵文字リストを出せる
  • ディスプレイ操作の録画ができる

YouTubeの広告を時短できる

はい、YouTube無料利用している皆様!

おめでとうございます!笑

煩わしい広告を5秒も待つ必要がなくなりました。

ただし、これに関してはMacBookProでタッチバーがついている人のみです。

では手順を話しましょう。

  • YouTubeで収益化されている動画を見る
  • 広告が現れたらタッチバーを見る
  • タッチばーに出ている再生中のゲージをタッチしておわらせる

これだけです。

動画でも手順を載せます。

こんな感じですね。

これパターンが2つあって

  • 広告飛ばしてから広告をスキップのボタンを押すパターン
  • 何も起きずに動画が始まるパターン

おそらくこの2つではないかと思います。

私としては5秒間待つよりも、何かを操作して時短できるならいいのではないかと思います。

スクリーンショットとスナップショット

あなたは、パソコンでのスクリーンショットをやったことがありますか?

結構スクリーンショットが使う場面の多い場合や、何かの記録を残しておきたい時には結構使える機能です。

しかし、スクリーンショットは後々トリミングしなければいけないので、結構面倒くさいです。

スクリーンショットは

「shift+⌘+3」

こんな感じです。

面倒くさい時は、スナップショットを使いましょう。

スナップショットを使うことで、範囲をあらかじめ指定して保存することができます。

ちなみに、私はホームページ・ブログの記事では多用しています。

スナップショットは

「Shift+⌘+4」

こんな感じ。

キーボードの操作をすると、丸に十字が突き刺さっているアイコンと、座標の数字が出てきますので、そのままクリックして動かして離せばOKです。

めっちゃ簡単にできます。

リンゴマークを打つ

ここまで読んでいるあなたはMacBookユーザーですよね?

そうしたら一度は見たことがあるかもしれないリンゴ。

あなたのパソコンのどこかにもついていますよね?

これが実は絵文字として使うことができるのを知っていますか?

めっちゃ可愛い。笑

これをツイッターや各種SNSでやっていたら結構ツウてはないかと思います。

ではこれのやり方を説明します。

「shift+option+k」



気が済むまで作ってください!笑

顔文字リストを出せる

使う人は使っているであろう通常の絵文字がありますよね?

あれをリストとして表示できるのをご存知でしょうか?

例えば、パソコンでのメッセージのやり取りや、YouTubeへの書き込みなどで絵文字の多用をしたいときなどにかなり有効です。

顔文字リストの出し方

「⌘+control+space」

こんな感じに表示されますので、カーソル合わせると、場所が指定されて全ての絵文字が見れます。

ディスプレイ操作の録画ができる

アプリケーションのクイックタイムをご存知でしょうか?

このアイコンのアプリケーションですね。

実はこれを使うことで画面の録画ができるのです。

以前紹介したApple Magic Mouse 2を使用している人は

「アオコンをクリック」→「ファイル」→「新規画面収録」を押してください。

以前の記事はこちら

Apple Magic Mouse 2を使用していない人は、キーボードの手前にあるトラックパッドでクイックプレーヤーのアイコンをクリックまたは二本の指でクリックすると「新規画面収録」というコマンドが出てきますので、これをクリックしてください。

こんな感じのものが出ます。

こんな感じの画面が出ますので、画面したにあるクイックプレーヤーのメニューから収録を押すことで録画が開始します。

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございます!

いかがでしたでしょうか?

まだまだ知らない機能もあると思いますので、ぜひいろいろいじってみてください。

また、私以外のブロガーさんでも結構いろんなこと知っている方多くいらっしゃると思いますので、いろんな記事を漁ってみると結構面白いと思います。

これらも一つの発見ですよね!

ぜひ、先日書いた「発見の記事」も参考にしてみてください!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました