10代の君へ(10選)

モチベーション

今回は、10代の学生や社会人、今を頑張っている方々へ、私がもっとこうしとけばよかったことややってよかったことをご紹介します。

私は現在26歳で都内で仕事をしています。まだまだ諸先輩方のように経験豊富ではありませんが、自分の今までやって来たことについては結構思うところがあります。

是非年代の近い人なんかは参考にしてください。

1:勉強をしましょう

あー、みなさん、いやですねーいきなりこんな話題。笑

でも、この年になり今一番思っていることかもしれません。

私は、普通の中学、高校、大学に通いました。見事に成績は2か3。まー平凡な成績で見事に体育だけはいつも5。この歳になって、お金の勉強や、政治経済の勉強をちゃんとしてこなかったことに後悔しています。社会に出てから知らないことが多すぎる。是非、学校の勉強以外にも目を向けて生活してみましょう。

特に、今伸びている分野に目を向けるとよりgoodです。

2:やるなら本気で、ただし違うと思ったらすぐにやめる

これは結構大事かもしれません。私も高校生まではバスケットボール、大学生ではスキーの部活に入ってました。今だから思う、もっと本気になれた。ラントレ、筋トレきついのはとってもわかります。まじで嫌でしたもん、、、。でもね、本気でやらなかったらもっと後悔することになりますよ?

本気でやったからこそわかることが必ずあります。燃焼しましょう。ただし違うと思ったらすぐに違うものを見つけましょう。なんでもいいです。スポーツでも、勉強でも、はたまた写真でも。

3:本を読みましょう

学生時代に読んだ本の数はなんと、、、1冊でした。笑

ちなみに、実用書や自己啓発本、知識の量が増える本に限定します。漫画や小説がダメだと言っているわけではありません。あれは、エンターテインメントとしてはとても面白いです。もちろん私だって読むことあります。でも、明らかに比率が高くなってしまうのはダメです。節度を持ちましょう。

本を読むことで、学校では教えてくれない知識が身につくこともあります。ぜひ、読んでみて下さい。私が普段読んでいる本の中で今回は1冊だけご紹介します。

読みやすい本として、スラムダンク勝利学をおすすめいたします。

スラムダンクの中で出てくる言葉や1部を切り取って解説してあるので結構わかりやすく、モチベーションの向上にもつながります。

4:筋トレをしましょう

嫌いな人多いですよね笑

でもね、やりましょう。最初は重いものを持ってやる必要はありません。基本的な『腕立て伏せ、腹筋、スックワット』これだけで大丈夫。たくさんできるようになるまでは時間がかかります。でも、出来る限り毎日やるようにしましょう。習慣化してくればそんなにキツくありません。腕立てができなければ膝をついても構いません。腹筋も体を上げ切る必要ありません。スクワットもしゃがみきらなくて大丈夫。少ない負荷から始めていかないと後々続きませんからね。

女性の方もぜひ実践してくださいね?やったからと言って誰もがムキムキになるわけではありません。むしろ、いらない脂肪が落ちることで体の調子が整ったり、洋服を着るときに綺麗な体のラインができます。スキーにーのパンツだって履けます。頑張っていきましょう。

こちらに関しても後々詳しくやっていきます。

5:いろんな人に会いましょう

これに関しては、社会経験でもあるかと思います。実際に、私は地元での活動や飲み会の場を利用して地元の社長さんや、同年代の人、若干先輩の年齢の人など多くの人たちと会ってきました。これは、人とあって人脈を作るということではなく、付き合ってもいい人悪い人を見極める場にするということです。

特にこの先、会社勤めする人であれば上司を持つことになります。そこには、とてもいい人もいれば、本当に害でしかない人もいます。また、職場全体が外で染まっている場合もあります。

様々な人と出会い自分と考え方が合う人や、助け合える人を見つけましょう。外でしかない人についていくことはありません。上司を選ぶことはなかなかできない職場の方が多いと思いますので、職場勤の人は『その人よりも正論になることをぶつけて排除、もしくは転職することをオススメします。

6:美味しいものを食べましょう

是非美味しいものを食べましょう。多少高い食事も、ファミレスの食事もです。

人間の3大欲求である食欲を満たすことで今後のやる気にもつながります。自炊する時は、できるだけPFCバランス(P:タンパク質、F:脂質、C:炭水化物)のバランスに気をつけましょう。揚げ物はたまに食べるぐらいにするといいです。外食するときは、店員さんのオススメやお店の一押し、自分の気になったものを頼めばオッケーです。

7:プレゼントやサプライズをしましょう

これは、大切な人への感謝をしっかりと伝えましょうと言うことです。

6で話したことがここで生きてきます。感謝を伝えるときは、食事に誘うのがとても有効です。ぜひ、あなたの一押しへ連れて行ってあげてください。20だいのかたであれば、珍しいお酒が置いてある場所に連れて行ってあげるのもいいと思います。

また、年代や人に合わせてお酒の種類や食べ物の種類を変えられるとgoodです。後は、名前入りのボールペンなんかもいいでしょう。社会人になってボールペンをよく使うようになります。

8:自己分析をしましょう

これは、私もまだ取り組んでいる段階です。自分のことって意外と知っているようで知らないこと多いんですよね。『本当に自分がやりたいことってなんだろう、心から嬉しくなれる瞬間はどんな時だろう。』自分のことについて根掘り葉掘り問いかけて自分というものを知りましょう。これを見つけると、今後の行動や就職活動などが明らかに楽になります。

もっと自分らしくいきましょう。

9:お洒落に気を使いましょう

お洒落には気を使いましょう。ただ単に高い服やブランド物も身につけろということではありません。ヨレヨレのTシャツや汚い靴を履くのはやめましょうということです。相手にも良くない印象を与えますし、一緒にいたくないと感じてしまうこともあるでしょう。ユニクロやGAPなどの服をセールなどで買うと費用を抑えることができます。整えていきましょう。

10:自分の考えを言えるようになりましょう

社会人や体育会系の部活に入っていた人はもしかしたらこんなことがあったかもしれません。『先輩の前では、YES‼︎か、はい‼︎かのどちらかだ』

実際にそういう職場もあるのは事実です。私も、そういう職場に勤めています。しっかりと自分の考えを伝えなければ相手には伝わりません。それを言って怒られるような職場なら今すぐ転職しましょう。はっきり言ってろくな会社や部活ではありません。しっかりと自分の考えを伝えていきましょう。

私たちには、職業選択の自由が認められていますのでしっかりと権利を主張しましょう。大丈夫、あなたにはもっと素敵な職場が似合います。

最後に

ここまで、わたしが感じる大切なこと、もっとやりたかったこと10選をお伝えしました。軽くまとめます。

  • 勉強をしましょう
  • やるなら本気で、ただし違うと思ったらすぐやめる
  • 本を読みましょう
  • 筋トレをしましょう
  • いろんな人に会いましょう
  • 美味しいものを食べましょう
  • プレゼントやサプライズをしましょう
  • 自己分析をしましょう
  • お洒落に気を使いましょう
  • 自分の考えを言えるようにしましょう

以上10選です。

いきなり全部しようとするときついと思うので、1ヶ月に1個など期間を決めて実行しましょう。

日々自己成長を感じ、毎日幸せな日々を送りましょう。

あなたの笑顔、やる気、優しさ、人間がきっと他の人の役に立つはずです。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました