[motivation]会社を選ぶ時のおすすめポイント、ここを意識すると充実度が上がるかも!?

モチベーション

本日は

「会社を選ぶ時のおすすめポイント、ここを意識すると充実度が上がるかも!?」

ということで話をしていきます。

私のブログでは(モチベーション編)では

皆さんが、今日からできるマインドセットや、行動などのより良い生活環境を作るために、皆さんの生活にちょいたしできる情報の発信を行っています。

実際に行動に移していくことで、変化が生まれてきますので、この記事を読んで、今日からできることを是非やってみることをおすすめいたします!

さらに、私はライフコーチングをしております。

コーチングでは、皆さんが最高な状態でやりたい事がやれる状態を一緒に作り出し、ありたい自分や、やりたい事が体現できるようになるプログラムの無料体験セッションをご用意しております。

初回無料でセッションさせていただきますので、是非ご連絡ください!

詳細は、以下のHPを参考にしてください!

HOME - on/coa
Service コーチング 話し合いの中から新たな「気づき」を得て「挑戦」・「変化」・「進化」したいというエネ

それでは本題!

あなたは今の会社をどのように選びましたか?

お金?

会社の大きさ?

会社の名前?

OB訪問?

様々な理由がると思います。

今日は、そんな悩める会社選びの基準で私が考えてみたことについて話しをしていきます!

今回は大学生、転職者とかに分けることはなく、全体的にこんなこと考えてみるといいのかも?という感じで話します!

それぞれいろんな人の意見があるとおもますので、一つでもあなたにとっての会社の決め手になることがあれば嬉しいです。

ちなみに、以前「退職・転職していく人の特徴」ということを書いた記事も書いていますので、以下の記事も参考にしてみてください!

それではいってみましょう!

会社なんていくらでもある、しかし・・・

まずはじめに、あなたにとっての会社選びをしていく上で大前提となる話をしていきます。

まずはじめに、この項目にもあるとおり今の世の中会社なんていくらでもあります。

実際に求人サイトに行ってみてください!

まじ、いくらでも会社からのオファーが来たり、面接のご招待にたいなメールは腐る程きます。

私みたいな、Eラン脳筋大学でも全然です。

中身の実態がどうなっているのかは知りませんが、本当に仕事は溢れているのです。

しかし・・・

その中に、あなたが望む会社は0の可能性があります!

あくまでも可能性です。

それはなんでか!

「本当にやりたいと思っていることがないから」です。

これは、自己分析云々だとか、給料云々の話ではなく

あなた自身が、やりたいことがないが故に望む会社は0の可能性があるということです。

だってそうですよね。

この仕事がやりたくて、その会社に入ったのに転職で何がやりたいか分からなくなって、自己分析してみて、向いていそうな仕事につく。

大学生の就職活動でありがちなパターンではないでしょうか?

※もちろんそうでない人もいます

実際に、私の周りにも、この学部の仕事したくないし、洋服の方が好きだからアパレルの仕事についたという人もいます。

まずは、あなた自身がやりたいと思えるものを、あなた自身が持っている価値観から、こんな仕事がしてみたいというふうに出してくるのはいかがでしょうか?

それができるのは、コーチングです。

これは、私の知り合いから聞いた話なので、正確なことは言えないですし、これをやっている会社さんには申し訳ないのですが「お客さん(あなた達就職・転職希望者)を一人当たりいくらの売り上げ」という目で見ている可能性があります。

残念ながら、これが現実だと私は思っています。

でも、これって必然的なことで、会社としては売り上げが出なければ給料も払えないですし、従業員を雇うことはできませんよね?

だからそういった就職・転職の斡旋業者さんを悪くいうことはできません。

なんなら、そこに勤めている人だって今の仕事に不満や、モヤモヤを抱えている人もいるはずです。

だから、私のコーチングでなくてもいいので、自己分析もかねてコーチングを受けてみてください。

きっと、あなた自身がどうやって生きていきたいのか、本当にやりたくなることはどんなことか見えてくることと思います。

ではここからは、どんなことを仕事にしていくのがいいのかについて、私なりの考えをまとめていきます。

こんなことを意識して会社を選んでみては?

  • 本当に好きなこと
  • やってみたいこと
  • 業界は変えずに部署の希望を出してみる
  • あなたが「どんなもの」「どんなこと」にやりがいを感じているのか
  • 割り切るのであれば、立地と今の住戸を考える

本当に好きなこと

あなたが本当に好きなことってなんですか?

お酒ですか?

それともスポーツですか?

はたまた、映像制作会社ですか?

これに関しては、あなたが好きだと言えるものから出していくのがいいと思います。

ちなみに、私はスキーが好きであったり、人が笑っているところにいるのが好きだったり、また何かを考えたり味わうことが好きなのでコーチングというものを届け、自分自身の趣味もやりやすい環境、心が整いやすい環境というものを求めました。

さらに、私は成長を感じたいという欲求と、実際に自分の力で成功体験というものを積み貸されたいと思い、今の仕事形態を選択しました。

もし、今の仕事に出会っていなかったとしたら、スキーが好きなので、スキー業界に転職hしていたかもしれませんし、自然に触れるような仕事だったかもしれません。

では、あなたはどうでしょうか?

今持っている好きだという気持ちを尊重して動いてみてはどうですか?

ある程度の給料をもらうことができていれば、副業でプラスアルファ稼ぐことも可能な世の中となってきていますので、そういう選択は間違っていないと思います。

以前、コーチングの記事でも話をしたかもしれないのですが

「あなたの人生において、主人公(主役)は誰ですか?」

是非、あなたの「好き」を仕事にしてみてください!

やってみたいこと

あなたが気になっている仕事はどんな仕事ですか?

これがある人は、その会社の面接に行ってみることをお勧めします!

「え!?展開早すぎん!?」

そう思われた方もいるでしょう。

でも私の中では、こう思っています。

「やりたいことがあることは素晴らしいこと。じゃあとりあえずやってみれば?」

そうこれ、結構恋愛に例えると分かりやすいと思うのですが

「気になっている子がいるならデート誘っちゃいなよ!」

て感覚です。笑

冒頭でも話をしたように、仕事なんていくらでもあります。

それは、気になっている業界の中でも同じだと思っていて、探せば仕事の求人だって見つかります。

じゃあとりあえず面接なり、就職してみて合わないと感じたらやめればいいんです。

気になっている子をデートに誘わずにその子の本当の内面だったり、価値観探ることはできませんよね?

だったらいくしかないでしょう!笑

結果的なことだけ言ってしまうと、本当にやりたいことはやってみたことからしか生まれないと思います。

もしかしたら即戦力とはいかないかもしれませんが、あなたという人間力を買ってもらえるかもしれませんし、以前の職場である程度の成績が出せているならそれは強みとなります。

また、すぐに転職・・・

と考える人もいるかもしれませんが、本当にやりたいことが見つかった人はそこに至るのが早い人もいると思いますし、全然関係ないと思いますよ!

むしろ、なーなーで働いている人よりも挑戦している結果ですし、私はその生き方の方が素敵だと思っているたちです。

業界は変えずに部署の希望を出してみる

もしかしたら、こんな人もいるのではないでしょうか?

「今の業界には楽しいからいたいけど、職場の人間が嫌で、他の部署に移れるかも分からない」

だとしたら、同じ業界で部署の指定をしたエントリーシートを出してみるのもいいと思います。

これって、他の人よりもある意味で差別化になっていると思いますし、むしろ海外ではこの採用方法は主流です。

海外の採用方法では、JD(ジョブディスクリプション)直訳すると仕事内容での採用方法が主流です。

これをすることによって、あなたがその会社でやりたいことを明確に話すことができるので、私自信は結構ありな方法だと思っています。

むしろ、何も決めておらず、この会社で世の中にこんな貢献をしていきたいというありきたりな文章を書くよりもよっぽど熱意も、力量も感じることができるのではないかと思います。

ここに付け足すならば、その部署で生かすことができるような資格を持っておくと、なお効果は強く出ると思います。

あなたらしさを生かした方法は、あなたにとって一番いいと思います!

あなたが「どんなこと」にやりがいを感じていたいのか

例えば、以前記事にも出したのですが、私のコーチングの中でのやりがいは、クライアントの方が気づいちゃった瞬間や、心の奥底から感じる何かを感じ取った時の表情を見ることと、そのクライアントさんがよりその人らしく前進した瞬間の力強さをまじまじと感じた時にやりがいを感じます。

これは、お金に魅力を感じている人には分からない感覚かもしれませんが、本当に暖かい気持ちというか、幸せな何かに包み込まれているような感覚になるんです。

おそらく、コーチをやっている人で嫌々やっている人を見たことがないのは、このような瞬間があるから、自分らしくい続けることができる仕事だからではないかと思います。

だから、あなたの感じる「どんなこと」にという表現方法を用いました。

何かの報酬や、見返りに走るのも現実的にいいとは思いますが、あなた自身のことに置き換えて考えていた方が、よりあなたがやりたいこと、よりあなたらしい仕事、よりあなたが楽しいと思えることに出会えると感じます。

これは、あなたが新卒採用の年の方であっても、中年の方であっても関係ありません。

あなた自身が、仕事においてどんなことを感じて仕事をしていきたいのかということを見つけていくと職種が見つかりやすくなります!

割り切るのであれば、立地と今の住戸を考える

ここまで読んでみて、「この記事で書いていることは役に立たない!もっと現実見て生きろ馬鹿め」と思われる方もいると思いますので、そう言った方向けに最後の項目を立てました。

それは、「仕事として割り切るのであれば、立地と今の住戸を考える」ことです。

ここで究極の選択をしていただきます。

①時間はたくさんある状態で、多少少ない給料をもらい、親密な人との時間や好きなことに充てる時間をとる

②お金はたくさんある状態で、自由になる時間はほとんどなく、毎日好きでもない仕事をこなしていく日々を過ごし、美味しいものや好きなものは変える状態になる

あなたはどちらを選びますか?

これに関して、カナダのブリティッシュコロンビア大学の心理学研究論文に関しての記事が出ていましたので、以下に載せておきます。

参考文献:https://www.news-postseven.com/archives/20180223_653271.html?DETAIL

これには学術的な結論が出ていて、お金よりも時間が大切だということに気がついた人は、幸福感や人生の満足度が高くなることがわかったという研究結果が出ているようです。

実際に、私は現在この状態に慣れているのではないかと感じます。

毎日が刺激的で、満足できてはいませんが、圧倒的に幸福度は以前よりも増しました。
(消防の時よりも収入は圧倒的に減りましたが)

このことからもわかるように、今の立地がその時間を作るためにはいい場所なのか、これから行こうとしている職場の残業時間はあるのかなど、この辺りが重要になってきますよね?

いかに、自分の時間を多く取ることができるのかという部分に焦点を当てた仕事選びをするといいのではないかと思います。
(通勤時間も含む)

楽しいと楽は別物

これ、先日話しをしたかもしれないのですが、是非見ていない方のために話をさせてください。

これ独立してから、まじまじと感じている部分で、楽しいと楽は別だということです。

以前の消防士をしていた頃は、はっきり言って今よりは楽だったと思います。

誤解される方もいるので話しておきますが、消防士をやっていた頃は災害で嫌な場面や、眠い中災害にいくこともざらにありました。

しかし、その分お給料はもらっていましたし、残業も一般の会社に比べて少なかったですし、基本的に失業をするリスクも低いので安心していました。

しかし、今は全く別です。

正直給料は、半分以下になりましたし、いつ仕事がなくなるかもわかりませんし、睡眠時間も以前より減りました。

しかし、超絶楽しいんですよね。

クライアントさんの気づいた時の表情や、変わっていく瞬間を一緒に味わうことができると心から嬉しいんですよね。

今までにこれを感じていのは大学のサークルの時や、高校の部活をしていた時以来です。

私の中での

楽は
「何も成果がなくても、とりあえず給料がもらえている状態で、毎日消化試合している状態」

楽しいは
「とてつもなくきつい時もあるけど、毎日が充実していて、やたいことに溢れていて、最高な状態」

これを選ぶのはあなた自身です。

あなた自身が本当にやりたいと感じるもの、本当にやりたい方向に進み始めた時

それこそが「あなたらしさの象徴であり、あなた自身の人生を描く主人公(主役)」だと思います!

最後に

ここかで読んでいただきありうがとうございます!

いかがでしたでしょうか?

私は、自分の本当にやりたいこと、本当にやりたい方向に進み始めてからそんなに長く生きているわけではありません。

それに踏み切ったのも、昨年の10月なので所詮はまだ一年も経っていないんです。

周りの人から見れば私が失ったものは大きかったのかもしれませんが、それ以上に今大きな経験と成長というギフトが届いています。

今30代・40代の人だってまだまだ遅くありません。

好きなことを副業から始めて本業にしてしまった知り合いも見てきています。

今のあなたにできないのではなく、自分で自分にはできないというレッテルを貼り付けてしまっているだけです。

もっと言えば、今の20代の人は今からやっておけば、30・40代の人よりも早く本当にやりたいことが見つかる可能性も、環境も作りやすいですよね?

是非、これを読んでくださっているあなたは真剣に自分の人生について考えてみてください!

あなたにとって、一番若い日は今日なんです!

もし、伴走者が必要であればホームページから連絡をしてください!

私以外にもコーチはたくさんいますので、その入り口となることができるでしょう!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました