就職・転職の面接は綺麗にまとめるといい

モチベーション

こんにちは。リョータです。今回は就職・転職活動中の方に面接での私の戦略について話して行きます。

面接って緊張しますよね?

わたしは、インキャかつコミュ障なので結構苦手です。でも、面接って対策と戦略だけ立てれば、結構話ができるのでそこでしっかりアピールできれば意外と話しやすかったりするんです。

じゃあ、どうやって戦略を立てていくのか・・・

  • 会社調べをするのは、相手を知るので重要です
  • 聞かれたことに対して短く簡潔に結果を
  • 悪いことはポジティブにすると良い
  • 面接官との面接は状況把握能をして相手に近づく
  • スーツはサイズ感とちょっと良いものを

この4本だてで行きます。

1:会社調べをするのは、相手を知るので重要です

これは、就職活動している人なら当たり前かと思われがちですが、これがしっかりとできていなければまずダメです。

じゃあ質問です。皆さんは行きたい会社の社長の趣味、経歴、最近の活動、SNSなんかをチェックしているでしょうか?

これ、実はしてない人多いのでは?

企業理念や、会社の成り立ちなどばかりに目はいってませんか?

実は、これをしておくと最終の社長面接なんかで結構役に立ちます。

特に、SNSを活用している社長の呟きなどの話題にできればかなりアドバンテージになります。

なぜかというと、皆さんはあなたとかけ離れた考えかたや、趣味の人と遊ぼうと思いますか?ということですね。

ほとんどの人は、自分と似ている人といる方がはるかに楽であり親近感を持ちますよね?

社長も同じです。人間なんです。

しっかりと相手を知るところから始めていくことで、攻略の策を立てやすくなるのです。

2:聞かれたことに対して短く簡潔に結果を

これも、ど定番なネタかもしれません。ここでちょっと話しておきたいのが、結果についてです。

例えば・・

例1

面接官)なんで、あなたはこの会社を選んだのですか?
あなた)御社で行っている〇〇ということに目がつき、〇〇を活用して丸々がしたかったからです。

例2

面接官)なんで、あなたはこの会社を選んだのですか?
あなた)御社で〇〇がしたかったからです。御社で行っている〇〇で〇〇をすることで〇〇になるからです。

この二つの文の違いがわかるでしょうか?

例2の分は初めに答えを持ってきていますね。

これ、社会人でもできていない人が多いミスになるかと思います。

話している相手は、質問に対する答えが簡潔に聞きたいのに理由を先に持ってくると言い訳っぽく聞こえたりしてしまうことがあります。

聞かれたことに対しては、結果をまず言う。その後、突っ込まれたら理由をしっかりというようにする。

これが私の戦略です。

3:悪いことはポジティブにすると良い

皆さん自分の性格や、生活そのものが完璧だと言える方はいますか?

完璧だという人は、この場でサイトを閉じましょう。私のことは参考になりません。

私は、ノンンビリしているという短所がありますが、その反面で実は慎重に考えているというふうに言い方を変えよりポジティブに自分を見せます。

ここでは、自分の見せ方がメインになってきます。

もちろん、全く違うことをいうのはダメです。面接官は、何人も人を見てきているので割とすぐバレます。私の会社の人事に聞いてみると、6〜7割ぐらいはわかるといっていました。

ただし、言い換えるというのは嘘ではないのでありです。

さらに、ポジティブな言葉の言い回しはあなたの表情を生き生きとさせてくれます。

きっと言葉だけではなく、表情からも明るく楽しく仕事ができる人だと思われます。

4:面接官との面接は状況を把握して相手に近づく

これは、先ほども話した相手と似た性質を持つと言う戦略です。

誰しも人間は自己肯定感を持っています。と言うことは、その自己肯定感の中に入っていけば良いのです。

ただし、これはやり過ぎると完全に詰んだ状態になるので気を付けてください。

私なら・・・

質問に答えた後の突っ込まれた質問で、『確かにそれはそうなりますが、〇〇と言うこともできると思います』のように1度皇帝から入ることでマイルドな雰囲気を作り出す事ができます。

きっかけをつかんでしまえばこちらの思う壺です。あとは、面接官に寄り添いつつ質問に答えていくだけです。

面接中も相手を観察しながら話を進めて行きましょう。

5:スーツはサイズ感とちょっと良いものを

これに関しては、完全に見た目です。スーツのサイズ感ってとても重要で、方周りのラインや着丈、シルエットがかなり重要になってきます。

既製品のスーツは、ある程度の型に合わせて作っているので、あなたのボディーラインに完璧に沿っているわけではありません。

実は、身なりを整えることは仕事ができるかどうかと言う事につながります。実は、そんなに仕事に自信がない人でも、しっかりとした身なりで、ちょっと良いものを着るだけで仕事ができるように見えてしまいます。

でも、オーダースーツなんて高いところでしかできない・・・と思っているのではないですか?

そんなことはありませんよ。今ではいろんなメーカーがセミオーダーや、フルオーダーでスーツを作れるように企業努力してくれているので比較的やすく作る事ができます。

私も、1着作った事がありますが、サイズが完璧にできているだけで着心地がすごく良いです。そして、自信が持てます。

プラスアルファで、靴も綺麗にしましょう。靴の磨きかたはこの動画を参考にしてみてください。

芸人の奥野さんと言うyoutuberさんですが、とてもわかりやすいです。

【ノーカット】20分で革靴を新品よりピカピカにしてみた【ASMR】

最後に

面接では、あなたの考え方や、人間を見ています。この人と働きたいか、この人は会社にとって良い利益をもたらしてくれるか、楽しく働く仲間になれるか。

会社に入った後のあなた自身のビジョンや、今のあなた自身を想像させ、就職を勝ち取って行きましょう。

また、今会社員として働いている人は、これを機に現在のこと、将来のビジョンを見直してみましょう。

定期的にあなた自身を振り返る事で、モチベーションの維持や、次のステップに進むための橋渡しになるかもしれません。

私は、3ヶ月に1度は必ず振り返るようにしていますので皆様も是非。

コメント

タイトルとURLをコピーしました