[motivation]実話、メモの取り方を変えると人生変わるかもしれない話

モチベーション

お疲れ様です、リョータです!

本日は

「実話、メモの取り方を変えると人生変わるかもしれない話」

ということで話をしていきま!

私のブログでは(モチベーション編)では

意識の低い人、さぼりがちな人でもできる、モチベーションを高めることについて記事を書いております。

もちろん、意識高い系の人や、アグレッシブな人でも参考にできることがあると思いますので参考にしていただければいいと思っております。

それでは本題!

皆さんはメモの取り方ってどうしていますか??

メモ帳に細々とメモをしていますか?

それとも、ノートとかにしていますか??

はたまたメモは取らない派ですか??

実は、メモの取り方を変えるだけで頭の整理がつきやすくなると言われており、自己肯定感も上がると言われています。

そんな効果的なメモの取り方を解説します!

それではいきましょう!!

メモはなんのために使うのか?

メモってどんな時に使っていますか??

上司にやれと言われたことをメモ取る時ですか?

それとも忘れっる事がないようにしたいことを覚えておきたいことですか?

もちろんその取り方が間違っているとは言いません。

しかし、もっともっと効果的なメモの取るタイミングがあるので、それをご紹介します。

そのタイミングとは

「悩み事や、不安なこと、解決したい事ができた時」

です!

ちなみにメモにもいろいろな方法があるので、一概にこれが最強というものはないと思っています。

しかし、私がいくつか実践した中でこれが圧倒的に使いやすいなと感じたものはあるのでそれをご紹介します。

簡単・簡潔ロジックツリー的メモ

題名ではロジックツリーと書いたのですが、明確に言えば違います。

ベースは、「0秒思考」のメモの仕方を使っていきます。

ちなみに、0秒思考は以前本の紹介をしていますので、こちらからどうぞ!

では説明していきます。

まずはこのような形でメモを取ります。

できるだけ全て1分以内に書くようにしてください。

1分って初めは長く感じることもあるかもしれませんが、やっていくうちにとても短く感じます。

例を出すと

題名  最近うまくいっていなくて気分が落ち込んでいる

  • ゴミ出すのを忘れてしまう事が多い
  • 仕事でミスが続いている
  • 食材を買いすぎてしまっている
  • 同じものを2つ以上買ってしまう

など本当に些細なことでも大丈夫です。

まずは3〜5個ぐらいを出してみましょう!

慣れてくると6個ぐらいは出るようになってきます。

そして、今書き出したものは、ここからロジックツリー状にしていきます。

ロジックツリーとは、枝葉のように分かれていくつなぎ方を言い、次のような写真のようになっているものです。

1回は見たことある人が多いかもしれません。

※図が汚くてすみません

そう、上記で書いたようなメモが題目の1とすると、書き出した悩み事のそれぞれを題目1−1や1−2としていくんです。

こうしていくことで、自分の中にあるモヤモヤを目の前に書き出し、頭の中で考えていることを目の前の文字として捉える事ができるようになるんですね。

悩んでいるなら書いてしまって、視覚化できた方が新しい思考にもつながりますし良いかと思います。

スマホのメモじゃダメなのか??

メモをスマホのメモ書きアプリや、タブレットのメモとしてとっていらっしゃる方もいるかもしれませんが、私は圧倒的に手書きをおすすめしています。

なんで手書きが良いのかという理由が2つあります。

  1. 机に並べる事で大きなロジックツリー を作る事ができ視覚化がよりしやすくなる事
  2. 手を動かすという行動は脳を刺激し、思考力の向上につながりやすくなる事

の2つが挙げられます。

それぞれ説明していきます。

1.机に並べる事で大きなロジックツリー を作る事ができ視覚化がよりしやすくなる事

これは、もうお分かりですよね!!

仕事の場では結構有効な手段になるのではないかと感じます。

書き出した紙を全てロジックツリーになるように並べていきます。

そうすると、卓上が大きなロジックツリーとなり、全てを見渡す事ができるようになるんですね!

そうする事で、全ての問題を把握し、違った部分から新たな解決方法を持ってきたり、少し捻ったアイデアを新しく導き出すためのツールになるでしょう!!

2.手を動かすという行動は脳を刺激し、思考力の向上につながりやすくなる事

これは、人間が持つ感覚の話や、脳神経の話になってくるのですが、キーボードを打つことよりも、文字を書くというのは細かい作業になります。

脳には海馬という部分が存在しており、海馬はいわゆる情報の引き出しだと思ってみてください。

さらに、脳には前頭葉という部分があり、この前頭葉では海馬で引き出してきた情報を処理し、ものごとの使い分けなどを行っているのです。

そして、先ほども出てきましたように、文字を書くというのは細かい作業になりますので、脳への刺激が大きくなり、常に考えながら物事を書いている状態となります。(文字の太やさ、漢字にするのか、カタカナにするのか、どこを強調させるのか等)

このことから、脳を動かしている方が考える力がつくようになるので、書き出すという作業をした方が良いという事ができるのです!

メモに関する本を紹介

初めにも言った通り、メモの書き方はこれが最強というものはありません。

それゆえに、自分でメモを取る事でやりやすい自分なりの形を作っていく必要があります。

ここからはメモに関する本を紹介していきますので、ご自身でメモを勉強し、自分なりのスタイルを作りだしてみてください!

0秒思考

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング | 赤羽 雄二 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで赤羽 雄二のゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング。アマゾンならポイント還元本が多数。赤羽 雄二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングもアマゾン配送商品なら通常配送無料。

今回ご紹介した「0秒思考」的メモの技術の元となっている、元の本です。

私も何回か読み返している本になっていますのでぜひ参考にすることを強く推奨いたします。

なんと言っても、まじで使いやすいです。

正直、今まで使った中で圧倒的に自分には合っていました。

メモの魔力

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book) | 前田 裕二 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで前田 裕二のメモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)。アマゾンならポイント還元本が多数。前田 裕二作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またメモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)もアマゾン配送商品なら通常配送無料...

こちらもベストセラーになる程有名な本になっております。

「メモの魔力」です!

こちらも実践してみた一つになるのですが、少しハードルが高くなりそうです。

ノートを3分割する方法なので、ノートの購入が必要になることと、抽象的に書いていくので結構難しかった事が私の中ではハードルが高かった事ですね。

しかし、上でも挙げた「0秒思考」とゴール地点は同じような感じになるかと思いますので、使ってみる価値ありです!!

本気の方はこちらでも大丈夫でしょう!

記録の力

人生を変える 記録の力 | メンタリストDaiGo |本 | 通販 | Amazon
AmazonでメンタリストDaiGoの人生を変える 記録の力。アマゾンならポイント還元本が多数。メンタリストDaiGo作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また人生を変える 記録の力もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

こちらは、某有名メンタリストの方(皆さんご存知ですよね)が執筆されている本になります。

この方の本を何冊か読んだ事があるのですが、中に書いてある事が本当にわかりやすいです。

しっかりと図解されており、非常に使いやすい書籍ではないかと感じます。

表紙からも分かるとおりメンタルにも聞くという事が記されていますので一読することをおすすめいたします!

最後に

私もメモを初めてまだまだ日は浅いのですが、実際にやってみるとわかります。

本当に効果が出てきていることを感じるのですごいと思いました。

ぜひ1度やってみてやめてしまうのではなく、継続してやっていきましょう!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました