[motivation]頑張りすぎずに働く方法〜そして私はこうなった〜

モチベーション

皆様おつかれ様です、リョータです!

本日は

頑張りすぎずに働く方法、そして私はこうなった」

という事で話をしていきます。

私のブログでは(モチベーション編)では

意識の低い人、さぼりがちな人でもできる、モチベーションを高めることについて記事を書いております。

もちろん、意識高い系の人や、アグレッシブな人でも参考にできることがあると思いますので参考にしていただければいいと思っております。

それでは本題!

皆さんは、仕事、育児、趣味、接待

日々頑張っている人の姿をよく目にします。

本当に、世の中の人たちは頑張っていると思っています。

しかし、「疲れちゃってませんか?」

私は、実際に疲れちゃっている人間なので(言い方おかしいかも笑)最近は頑張りすぎないようにできています。笑

実体験も交えて書いていくので共感できた方は、コメント欄にコメント残してもらえると嬉しいです!

それではいきましょう!

疲れちゃった話

私は現在社会人3年目の年を過ごしております。

所詮は3年間しか社会人経験がないので

「3年目で弱音吐いてるとか終わってる、まじ草」

「メンタル豆腐かよ」

とかって思われるかもしれませんが、まぁその中でもあった事がお話しできればと思います。

まず1年目、先輩たちがほぼいなくなりました(笑)

職場での問題により、先輩たちが突如いなくなってしまったんですね〜

そして、毎日怒られつづける日々が半年間続きます。

この半年はまじで地獄のような日々を過ごしていきました。

だんだんと、心を失いながら生活をこなして、仕事をこなしていたんですよね。

そして2年目、職場内での問題は続き、1ヶ月に1回、半年で3回もの異動をおこなってきました。

初めは、まだ知っている人も、年の近い先輩もいましたが、次の移動ではほとんど知らない人の中に放り込まれることに。

※リョータは実はここでもミュニケーションがあんまり得意ではないことに気がつきました

そこでは、始めての業務を行うことになり、ましてや、全くわからないエクセルのデータを見て入力するものでした。

先輩がこれはこう、と教えてくれる人もいなかったため、教本を見ながらやっていたものの、モチベーションも上がらなかったためミスを繰り返す日々を送ります。

そして、毎日そのミスにより謝り続ける日々。

ようやく3年目を迎え、配置場所に関しては安定しました。

しかし、この時点で職場を離れる決心をしていたのですが、そこでも職場の問題が絶えずにタイミングが合わなくなってしまいます。

いまだに覚えているのですが、その場所の副リーダー的存在の人に始めて言われた言葉

「お前のことは、まだ仲間として扱えないからな?」

内心「!?!?」

でした(笑)

そんなこと言う!?(笑)

っていう感じになり、ようやく退職を告げると態度は一転

「もう少し考えてみなさい」

でした。

そしていま現在

「ストレス性適応障害」

という病名のもと生活を送っております。

我慢し過ぎた理由

上記ではざっくりと3年間のこと書きました。

今後noteで自分の過去全てを曝け出すような記事も出しますので詳しくは、そちらでみてもらえればと思います。

では我慢し過ぎた理由行きます

  • 怒られるのが怖かった
  • 話しても何も変わることない職場の体質
  • 真面目にやるほど、完璧にやるほど疲弊する
  • みんなにいい顔をしていた
  • 迷惑をかけてはいけないと思っていた

怒られるのが怖かった

私は、1つの職場でしかまだ働いた事がないので他のことを知らないのですが、「怒鳴られることってありますか?」

私の職場では、怒鳴られるのなんかほぼ毎日、注意受けることなんかほぼ毎日、先輩のいうことには従いなさいという職場のスタイルがあったため、毎日ビクビクしながら過ごしていました

これは初めの半年で始めたことなのですが

「職場に感情を持ち込まないようにしました」

そう、嬉しい・悲しい・辛い・楽しい・キツイ・眠い

いろんな感情がある種族の人間として感情を持ち込まぬように、出勤前に自宅に置いてくるようにしたんですよね。

いちいち喜怒哀楽していると、それが一番辛く感じたこと、そしてミスが増えることがあったのでこういう手段を取りました。

そうすると、怒られても、褒められても何も感じなくなりました。笑

※これ、めちゃくちゃ危険な第一歩ですのでやめましょう

話しても何も変わることのない職場環境

私の職場では先ほども話した通り、「先輩のいうことには従いなさいという職場のスタイル」があったため、話したところでほぼ何か変化するということはないんですよね。

しっかりと、メンターや職員の相談窓口になる人もいましたが、メンターはかなり年が上の人で話しづらいし、職員の相談窓口も話を聞いてもらえるだけの話し相手にすぎなかったんですね。

真面目にやるほど、完璧にやるほど疲弊する

私のいた場所では、真面目に完璧にできるように仕事をこなしてきたつもりでしたが、それが間違っていたということにここ最近気がつきました。

完璧にやろうとするほど、ミスをし、他の仕事が手につかなくなっていきました。

某YouTube のチャンネルでも話が出ていましたが

「知らぬまに完璧主義になり、その完璧主義が邪魔をしている」

ということに気が付いたんですよね。

みんなにいい顔をしていた

これもかなり消耗した一つではないですかね。

できるだけ音沙汰がないように生きてまいりました。

でもね、一定数苦手な人や、嫌いな人っているんですよね。

こう言った人にもいい顔するのって疲れますよね。(笑)

迷惑をかけてはいけないと思っていた

これも、実はあっているようであってないです。

もちろん、ものにもよりますが、何よりも自分の体調や、体を一番に考える事がベストですね。

職場の朝会ではこんなこと言われますが、これができなかったのも事実にありました。

自分がダメになっている時はしっかりと休むことを伝え休むようにしましょう!

結論:頑張りすぎない事、自分に正直に!

結論

「頑張りすぎない事、自分に正直に!」

という結論に最近至りました。

「んなもんわかってるわ!でも、そんなことしたらみんなに迷惑もかかるし、みんなだって我慢してるんだよ!」

いや、わかってないからそうなるんです。

本当に自分の事がわかっていますか??

自分の異変に気づけていますか?

そして、それに対して動けますか?

皆さんは本当に頑張っていると思います。

だからこそ、自分についていろんなことを知って、体も心も疲弊している時は休む必要があると私は考えました!

自分の事探るのにはこの本から始めるとやりやすいです。

有給使ったていい(有給休暇は取らせるべきものになっていて法律でも決まっています。)、その日ずる休みもたまにはありだと思います。

いろんな意味で自分に正直に生きる方が私みたいにならずにすみますので、今気づけた方は頑張りすぎない生活スタイルを撮ってみてはいかがですかでしょうか??

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました