[ハードルを下げる]やりたいことを見つけ、やりたいことをやる

モチベーション

皆様お疲れ様です、リョータです‼︎

本日は

『[ハードルを下げる]やりたいことを見つけ、やりたいことをやる』

ということで話をしていきます。

私も心が強い方ではありませんが、ここ最近私はメンタル、考え方共に少しずつ強くなってきている感じがします。

これは完全に、私の経験や、決め事などが結構響いているのかと思っていますので解説していきます。

参考にしてもらえたら嬉しいです‼︎

それではいきましょう‼︎

やることやらないことを分ける

皆さんはやることとやらないことは決めていますか?

特に仕事の面でやっている人は少ないように感じます。

なぜかというと、「比較的大きな会社に入っている人が大多数」だからですね。

私自身も現在、比較的大きな会社に所属しており、動きづらい状態が続いております。

その中で比較的早い段階で気づいたことがあって、矢ることやらないことを決めるのは自分ではなく、上司であったり、配属先での担当になることが多いのではないでしょうか?

そうなってくるとなかなかやることやらないことをの仕分けをいするのが大変ですよね。しかも、若いうちは特に。

しかし、これに関しては対策法があります。

それは

「仕事は6割ぐらいで完成とする」

これ結構使えるてだと思います。

私の場合、6割ぐらいで一旦上司に仕事を見せちゃって、一通り目を通している間に自分の仕事をしてしまったり、空き時間でのプライベートを作るようにしています。

何が大事かというと、「時間を作ることで自分の時間をたくさん作りましょう‼︎」ということです。

自分の時間を作り、仕事のガス抜きをしてあげましょう。

そのための、やることやらないことを決めるということです。

ここでのやらないことは、残りの4割を考えることをやめることです。

少し回りくどくなりますが、結論は・・・

「仕事量を減らして時間を作る、空き時間でガス抜きをして自分を保つ」です‼︎

できること、できないことは伝える

これ、いろんな方も話していることかもしれませんが、実は結構ハードル高くないですか?

正直私はキツかったので、こんな方法を取りました。

「後で〇〇やっといてもらえない?」

「これが終わってからやりますね」

ここで重要なのは「やる」という意思を見せておくことです。

私もそうなのですが、「いいえ」とは言えませんよね。

だからこそ、今の物が落ち着いてからということで必ず伝えましょう‼︎

だいぶハードルは下げられたかと思います。

そもそも、マルチタスクって実はよくない影響が多くあります。

マルチタスクのことについてはまた後日詳しく説明いたしますが、要するに、マルチタスクになることで、生産性が低くなるということになります。

実は「某超大手の転職事業や不動産関係などの事業をしている会社」の人がそうだということを聞きました。

慶應生が多いのだとか・・・

こう言った観点から、基本的にマルチタスクはせず、シングルタスクを作れるようにしていきましょう‼︎

やりたいことを見つける

「好きなことで生きていく」

これYouTubeですっごく流行りましたよねー(笑)

正直、やりたいことを見つけていくことってハードル高くないですか?

私は、やりたいことを見つけるまでに1年半近く時間がかかりました。

だって、「やりたいことがわからないから」ですよね?

ここではさらっと話をしますが、「あなたの中にある、これをしたいなー」っていうこと(趣味や副業でも全然OK)を思い出してみて下さい。

それをするのにある程度ベストな環境を作り出すこと。

これならばだいぶハードル下がりませんか?

やりたいことではなくて、やっていることや、続けていきたいことなど既存のもので全然OKなので、そこに合わせるように職場や職種を変更して環境を作り出していくのがいいかと思います。

それでは本日はここまで‼︎

私も、自分のやりたいこと、自分の環境作りに全力を尽くしていきます‼︎

それではまた‼︎

※最後の写真は先日のスキー合宿でのものです。これも環境を作り出しました‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました