「頑張れ」に込められた意味とは何か、人を勇気付けること・人を傷つけていること

モチベーション

本日は

「「頑張れ」に込められた意味とは何か、人を勇気付けること・人を傷つけていること」

ということで話をしていきます。

私のブログでは(モチベーション編)では

皆さんが、今日からできるマインドセットや、行動などのより良い生活環境を作るために、皆さんの生活にちょいたしできる情報の発信を行っています。

実際に行動に移していくことで、変化が生まれてきますので、この記事を読んで、今日からできることを是非やってみることをおすすめいたします!

さらに、私はライフコーチングをしております。

コーチングでは、皆さんが最高な状態でやりたい事がやれる状態を一緒に作り出し、ありたい自分や、やりたい事が体現できるようになるプログラムの無料体験セッションをご用意しております。

発見・挑戦・成長・変化・目標・充実

これらの言葉にピンときたら、私の運営するコーチングサービスへのご連絡をお待ちしております。

詳細は、以下のHPを参考にしてください!

HP:on-coa.com

note:https://note.com/ryota_lifehack/n/n6635e8d0f676

それでは本題!

あなたはどんな時に「頑張れ」という言葉を使いますか?

ここに関して最近感じていることが

「人によって頑張れの感情は違う」

ということです。

実は、以下の記事と同じ現象になりかねないということがわかりました。

まだの方は、是非こちらの記事も参考にご覧ください↓

ということで本日は

「頑張れという言葉に込められた意味とその力」についての話をしていきます!

これを読んだあなたには、本当に力の湧くような頑張れを言っていただけると嬉しいです。

それではいってみましょう!

頑張れにはいろんな意味と感情が込められている

友人から「頑張れ」と言われると本当に力が湧きますよね!

特に、何か困難に立ち向かっている時や、本当に不安に駆られている時には涙が出るほど嬉しくなる時があると思います。

しかし、その頑張れの意味合いによっては正直誰かを傷つけている可能性があるのをご存知でしょうか?

頑張れという言葉は、いろんな感情の込め方があります。

  • 本当に心から頑張ってほしい人に向けての頑張れ
  • 正直どうでもいい人に向かっての頑張れ
  • 皮肉が込められた頑張れ

などなど、実は結構いろんなパターンが考えられます。

実際に、先日のTwitterでもこんな発言をしました。

そして、本当に心のこもっている「頑張れ」をもらうことができるのは、頑張れと言っている人が何かに取り組んでいたり、本当に頑張っている状態であり、頑張れと言われている本人も困難に立ち向かっている状態が成立していることが必要ではないかと感じます。

これができている状態でなければ、「頑張ってね」という言葉はよそよそしくなってしまう可能性があります。

しかも、そういう人に限ってあなたが何かで成功し始めたり、ある程度の実績を納めるようになってくると声をかけてくるんですよね。

正直、私はそれが苦手です。

今何かに挑戦していて、困難な状況下にいる人からすると、よそよそしい「頑張れ」よりも、心からの「頑張れ」の方が欲しいですよね。

では、これを作っていくためにはどんなことができるのかについて話をしていきます。

本当の「頑張れ」をもらうために

  • 環境を変える
  • 挑み続ける
  • 継続していく

環境を変える

まずは、自分の周りにいる人を変えていく必要があります。

以前も話をしたかもしれませんが、人間関係というのは、基本的に3年が目安だと言われています。

3年間でどれだけ濃い付き合い方ができるかで、その後の付き合いに響くと言われています。

特に、自分自身がもっと成長していく、変化していく、挑戦していく、発見していくためには、かなりこの部分が重要になってきます。

今までつるんでいた仲間、大切ですね。

でも、現状の外側に向かっていくためには、今の状況を変えていく必要があるんですよね。

そのためには、自分の付近にいる人の質や、環境などを変えていくのが明らかな有効策だと思います。

実際に、独立されている方ではこれになる人が多くいらっしゃるのではないかと感じていて、独立した人を見ていると大体の人が自分の周りの人を変えていっているということを聞きます。

挑み続ける

この挑みづつけるというのも非常に大切なことんになってきます。

先ほども話をしたように、何かを頑張っている人や何かに取り組んでいる人からの「頑張れは」非常に勇気が湧きますし、嬉しいものです。

でも、自分が頑張っていないのに、「頑張れ」なんて言われませんよね?

おそらく、「まぁ、頑張れ」という言葉に変わったりします。

さらに、自分が本当に頑張っている状態であれば、他の人にも「頑張れ」という言葉を本気で伝えることができますよね?

本気の頑張れは確実に相手に伝わります。

これは、実際に私がコーチとして活動していても感じることで、自分が頑張っていないのにクライアントに勇気づけたり、本当に頑張れということは言えないです。

継続していく

一時の頑張りだけで認めてくれる人は多くはないでしょう。

ここに関しては、おそらく必ずと言っても良いほど乗り越えていかなければならない壁になっていきます。

実際に、大変なことも多いと思うんですよね。

私も、ブログの記事考えるの今日はきついな〜という日もありますし、正直今日はサボりたいな〜って思うことだってあります。

でも、できるだけ毎日同じように続けていくことが大事になってくるのは事実です。

超古典的なやり方ではありますが、それが称賛されることもあります。

特に、ブログやYouTube・集客そのほか数字として現れる部分に関しては特にこれが必要になるのではないかと感じます。

1回の質はもちろん必要になった上で、数量的に取りに行くことは確実に必要になります。

継続に関していくつか記事出していますのでこちらの記事も参考にしていください↓

コーチはあなたの最大の応援者になり得る

コーチングについて聞いたことがない人もいらっしゃると思うのですが、私がやっているコーチングでは、コーチがあなたの最大の応援者になります。

先日も話をしたのですが、コーチングの中でお金を払っていく理由の中に

  • 守秘義務が守られること
  • 当事者意識を持つこと
  • 自分のためだけに話をしていく時間

というものがありました。

その記事はこちら↓

これがあることによって、あなた自身は真剣に自分の人生と向き合うことになることと思います。

また、自分の人生と向き合うということは、簡単にできるものではないと思っていて、本当に向き合い始めると、今以上に大変なまいん道を送ることになるかもしれません。

しかし、クライアントになるかもしれないあなたが人生における

「発見・挑戦・成長・変化・目標・充実」

をしていくのにはとても貴重な時間になってきます。

そして、私はそんな苦境の中でも本気で自分自身と向き合っているクライアントさんを超絶に応援します。

頑張っている人からの頑張れには本当に励まされる経験を私がしているので、私のコーチングを受けた方には確実に勇気につながる「頑張れ」をお届けします。

そして、私も挑み続けます。

私がコーチとして応援したい人に関しては、こちらのnoteという記事に書いてあります。

コーチングに興味持っていただけたら無料の体験セッションもご用意していますのでこちらのHPからお申し込みください!

私の挑戦

実は、先日初めてYouTubeに動画をアップしました!

正直なこというと、最高に恥ずかしいですし、周りからの視線は痛いものを感じますが、私なりの挑戦です。

動画の編集では3回も作っているデータが飛んだり、欲しかった絵面が取れずに別撮りしたり、iphoneに撮影したデータが残っていなかったり、いろんなハプニングはありましたが、1週間でようやく作り上げることができました。

その映像がこちら。

[総量約3キロ]ドデカタコライス作って食べながら自己紹介してみた!

ブログでは真面目なことを書いているので、YouTubeで私が面白いと思ったことを発信していきたいと思っています!

なので、基本的にユーチューブでコーチングの話や、真面目な話はほとんどしません。笑

本当に、いろんなこと思いましたが、これからどんどん動画出していきますので、よろしくお願いします!

最後に

最後まで読んでいただきありがとうがとうございました!

いかがでしたでしたでしょうか?

「頑張れ」という言葉にはいろんな意味が込められていますよね。

今回の記事は、いろんな人から「頑張れ」とは言われてきたものの、本当に頑張るきっかけになっている「頑張れ」について私が疑問を持ったために書きました。

そして、今回この記事を書くにあたって、少し裏テーマと言ってはなんですが、知っておいて欲しいことが一つあります。

それは

「あなたの周りの人は、思っている以上にあなたに対して関心がない」

ということです。

自分自身の行動を制限させているのは、自分自身なのかもしれません。

だから、周りはどうだとか、人からの視線が気になるとかは考えなくて良いと思います。

本当に頑張っているあなたの周りには、本当に頑張っている人がよってきます。

私もその1人なのかもしれません!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました