[考察]毎日自分の財産を積み上げることが最強

モチベーション

こんにちは、リョータです‼︎

本日のテーマはこちら‼︎

「毎日財産を積み上げることが最強」です。

皆さんは、仕事の前の時間や仕事後の時間をどのように過ごしていますか?

1年前の私は、YOUTUBEを見て、ご飯食べて、またYOUTUBEを見て、明日も仕事かーなんて思いながら酒飲んで寝ていました。

そんな私は、1年前のある出来事で180度生活が変わりました。

その生活の変化によって考え方や・時間の使い方が変わりました。

具体的に言えば、無駄な時間が減りました。(0ではないですよ?笑)

ということで、そんな私の体験を交えながら考察していきます。

それではいきましょう‼︎

1年前の体験、そして変化

先ほど話しました、私の体験談と変化の仕方について話していきます。

1年前のある日、私はいつものように仕事が明けて、コーラをがぶ飲みして、布団に入り夕方に起きて飲みにいくような怠惰な生活を送っていました。

そんなある日、飲んだ後にベロンベロの状態で実家に帰りたまたま親が起きていたので、台所の換気扇でタバコを吸いながら雑談していると・・・

母「お父さん、この会社縮小して自分で最後にするみたいだよ。」

と母から言われました。

ちょっと衝撃的でした。

私は、家業を継ぐことなく、現在他の会社で働いています。

私のおじいちゃんが創業者でやっていたので、長いことやっていたこの会社がなくなるということが最初はよくわかりませんでしたが、その日以来意識せずにはいられませんでした。

世の中のニュースでは、会社の倒産話や、売却などの話私が出ていてもあまり耳にも留めていませんでした。

でも、その日以来、その話が身近にあるということを知りながらニュースを見ると、いつも実家の会社のことを思い浮かべてしまうんですよね。

そう、私はすごく葛藤し悩んでいるんです。

「実家の会社を継ぐのが正解なのだろうか、もしくは継いだとしてもしっかりとやっていくことができるだろうか」

これに関しては実は今も悩んでいます。

でも、そこで1つ自分に試練を設けました。

「少なくとも、親父と同じスキル、知識、技術が無いと会社の存続は無理だ。ならば知識だけなら少なくともできるはずだから、一級建築士の資格を取ってから考えよう。」

「しかも、合コンで1級建築士ですって言ったらちょっとかっこよくね?笑」

こんな感じで、現在私は1級建築士の資格を取るために勉強しています。

この出来事から、まずはお金稼ぐための知識やスキルを学ばなきゃダメだと思うようになりました。

この部分で学校では習わない知識なので結構時間かかるんですよね。

でも、1日1時間でいいから本読んだり資格の勉強することで、少しづつその積み上げができていくんですよね。

ちなみに、私も積み上げ段階なので・・・

積み上げは裏切りません

さてここからは、そこからの1年間についてです。

上で話したことを決めてから結構本も読みましたし、実践も続けてきました。

仕事が明ければ2時間ほど仮眠をとって、すぐに家を出て、実家の近くにカフェで勉強して、本読んで、ブログ書いて。(ブログは始めたのが8月の終わりです)

そんなこんなでやってきましたが、試験は落ちましたし、ブログの収益はまだ出ていません。

結構辛いなーって思うこともあるんですが、不思議と毎日やっていてもそんなに苦ではないんですよね。

むしろ、現在は仕事に行っている時間の方が苦になっています。

結果が出ていなくても苦ではないってちょっと変なのかもしれないんですが、実はそこには変化があり、毎日結果が出ているので苦じゃないんですね。

ちょっと話が矛盾しているのですが、収益は出ていないので結果は出ていません。

しかし、毎日のアクセスや、Twitterでの発信に対しレスポンスが返ってくるのが結果になっているのです。

これが私のモチベーションにつながり、次の投稿へとつながっているんですよね。

しかも、勉強したり、本読んだり、ブログ書いたりすることって基本的に絶対にマイナスにはならないんですよね。

そこでつけた知識や技術が次のステップで役にたっったり、組み合わせで少し違った見え方ができたりするんですよね

そこで学んだものが全て財産になるんです。

だから私は、今後も毎日の積み上げを自分のペースでしていきます。

今後の考察

現代では、ある分野に特化した会社って多いですよね。

物流であればAMAZONや楽天だったり、建築業界でいえばスーパーゼネコンと呼ばれる会社、SNSで言えばツイッターやインスタグラムなど・・・

正直そう言った分野で大きな会社相手に勝つ方法ってほぼないと思います。

だから今後は、分野の掛け合わせが鍵になってくると考えています。

掛け合わせた分野ならば、まだまだ手を出していない人や、参入企業も少ないと思うんですよね。

もし、「起業したいんだ‼︎」という人がいれば参考にしてみてください。

本日はここまで‼︎

それではまた‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました