[モチベーション]言葉に出すと最強説

モチベーション

お疲れ様です、リョータです‼︎

皆さんは目標に向かうとき、挑戦していくとき、長期間にわたる場合どのようにしてモチベーションを保つようにしていますか?

1年や2年など長いスパンでのモチベーション保つのきついよ‼︎

マジ無理‼︎

っていう方向けに、今回は「言葉に出すと最強説」ということで話をしていきます‼︎

途中、少々熱くなりすぎてしまいますが、ご容赦下さいませ(笑)

それではいきましょう‼︎

言葉にして出すことで自分の記憶に刻まれる

皆さんは、暗記するときや、英語の勉強のとき、必ずと言って良いほど音読をしませんでしたか?

帰国子女の方々は別格として(笑)

私は、学校の勉強では「音読しなさい‼︎音読が全て‼︎」とまで強烈ではありませんが、音読の推奨を受けてきました。

そして、今でも何かを覚えようとするときは音読を繰り返します。

そう、音読ってやはり頭の記憶に残りやすい行為になるんですよね。

ということは?

「目標や、信念、なんで頑張るのかということを口に出すことで、意識的にサボれなくなるような環境を作っているんです」

これ、私もやっていてめちゃめちゃ効き目がいいので是非やってみて下さい‼︎

朝一にやってみるもよし、飽きがきたときにやってみるもよし、挫けそうなとくは最強ではないでしょうか?

周りに言いふらす

はい、これ、マジな最強では?

自分の周りにいてくれる大切な友人、恋人、親、じーちゃん、ばーちゃん、さらにはペット、誰でもいいので「俺はこうなりたいんだ」・「やってやるんだ」ということを言ってみて下さい。

誰かにそんなこと言いふらしたら「もう後戻りできませんよね?(笑)」

そう、これが最大の狙いです。

「大切な存在にしっかりと伝える、もう後戻りできなくなる状態にするために」

後戻りなんかしてみて下さい。

信用も、格好良さも、自分のメンタルも、すべて失いかけるんです。

でも、これをやった後の見返りは大きいと思います。

結果を出した瞬間、周りの人はすごく喜んでくれるはずです。

結果のために退路を断て‼︎

言葉に出して再確認

先ほどは記憶に残すということをメインに出しましたが、ここでは再確認をとりあげます‼︎

目標に突き進んできたあなたならわかるはず。

数ヶ月やっていくとなんで頑張っているのかわからなくなることあるんですよね。

これわかるひとはわかるはず(笑)

迷ったら、原点に変えるとともに、「もう一度目標を達成するための宣言」をしましょう。

1日できるひとは1週間できる

1週間できるひとは1ヶ月できる

1ヶ月できるひとは1年できる

という言葉があります。

そこまでできたあなたなら大丈夫‼︎

あとは突破していくだけです‼︎

さぁ‼︎やったりましょう‼︎

コメント

タイトルとURLをコピーしました