[ラーメン] ボニート・ボニート

武蔵小山

本日ご紹介するのは

「ボニート・ボニート」

私の食事記事では、私の趣味であるラーメンだったり、ランチだったり、美味しいものをたまーに紹介しています。

エリアとしては、東京都(特に都心は多い)の食事記事がかなり多くなっています。

これは、私の居住の関係ですね。

美味しかったもがあればこちらに載せていくので、是非見てもらえると嬉しいです。

さらに、私はライフコーチングをしております。

コーチングでは、皆さんが最高な状態でやりたい事がやれる状態を一緒に作り出し、ありたい自分や、やりたい事が体現できるようになるプログラムの無料体験セッションをご用意しております。

初回無料でセッションさせていただきますので、是非ご連絡ください!

詳細は、以下のHPを参考にしてください!

on-coa.com

ボニート・ボニート

今回は、実は昔から知っていたのですが、なかなかタイミングがなくてこれなかった、魚介系スープが特徴的なラーメン屋さんのご紹介をします。

このラーメン屋さんの注目は、カツオをふんだんに使用した濃厚な魚介系のスープと、真ん中にそびえ立つ大きくジューシーなチャーシューです。

ごはん系の記事はかなりゆるっとしているので、ぜひ楽しんでみてください!笑

ちなみに、ボニート・ボニートの名前は非常に珍しいですが、こんな意味があったそうです。


化学調味料を使っていませんと言うこのこだわりがとっても伝わる美味しいラーメンです。

そんなボニート・ボニートでいただいたラーメンがこちら

全部のせラーメン 1120円

みたからにやばいですよね〜笑

私は大好きな色をしています。笑

まず初めに、上に乗っかっている粉状のものなのですが、これもカツオです!

スープにもカツオが使われているのにこれでもかというくらいに追いカツオしてきます。笑

そして、その下に埋まっているチャーシュー・・・

コレは期待できそうですよね。

ゴクリ・・・

それでは早速、いただきます!

「むむっ!!!!!!うますぎる〜笑」

某農業系の漫画でも言われていることなのですが、本当に美味しい時ってわらっっちゃうんですね。笑

お店の中で1人でふふっってなっってしまう時は、むせたふりをしているほっしーです。

麺はこんな感じの太さで、太すぎず、細すぎずでちょうど良い感じでした。

このチョロチョロ写っているねぎを麺と一緒にすくって食べるのがめっちゃくちゃいい感じです。

それではチャーシューを見てみましょう。

いや、太い!笑

指で言うと人差し指と中指をたしたぐらいの太さがあります。

私はお肉大好きなので、このくらい大きなチャーシューが入っていると本当に嬉しくなってほっこりします。

正直、チャーシューが薄切りのラーメンはちょっとだけ寂しい気持ちになります。笑

では、食べてみましょう。

「ん〜とっても柔らかくてスープとチャーシューのタレになるのかな?が絡まってめっちゃうまいです。」

正直、めっちゃとロケます。

完全に仕上がっています。笑

そして、ここのメンマがまたやばいんですよ。

いや、図太い!笑

メンマもとても歯応えがいい感じの固さで、コリコリしていて美味しいです。

ちなみに、このメンマにも結構こだわりがあるようで説明書きがありました。

実は、今回は減量中ということもあり、締めの雑炊セットもあったのですが、辞退いたしました。

悔しい・・・

コレだけがここでの唯一の心残りです。

しかも、しらすご飯があったり、そのほかもいろんなトッピングあったりしましたので、みなさんが行った時はぜひご飯まで注文してシメてからお店を出るようにしてください!

絶対に後悔しますよ?笑

以下にボニート・ボニートさんのツイッター載せておきます。

現在は、夜の20時までが営業時間となっているようで、ラストオーダーは15分前になっているそうなので、気をつけてください!

魚介系が好きな人は絶対に後悔しない一品ですので、感染予防に配慮しながら食べに行ってみてくださいね!

それではまた!

満腹度5(5段階)

満足度5(5段階)

食べログ  3.66

コメント

タイトルとURLをコピーしました