[training&health]停滞期の乗り越え方、〇〇と似た部分がありました

トレーニング・健康

本日は

「停滞期の乗り越え方、〇〇と似た部分がありました」

ということで話していきます。

私のブログ(トレーニング・健康)ではサプリメントや運動に関しての情報発信をしています!

素人ですができるだけ正確に、健康的な生活を送るために役に立つ情報を発信していきますので、一つの参考にしてもらえると嬉しいです。

また、家でできることも多いので、是非実践してもらえると嬉しいです。

さらに、私はコーチングをしております。

コーチングでは、皆さんが最高な状態でやりたい事がやれる状態を一緒に作り出し、ありたい自分や、やりたい事が体現できるようになるプログラムの無料体験セッションをご用意しております。

初回無料でセッションさせていただきますので、是非ご連絡ください!

詳細は、以下の写真を参考にしてください!

皆さんは、トレーニングや、人生において停滞期を感じたことは、ありますか?

なかなか重量が上がらないことや、セット数が増えない、回数が増えないなどいろいろなことがありますよね。

特に、トレーニングをしている人や、人生において本気で頑張っていることがある人の方がこういった現象に陥りやすいような気がしています。

理由は、本気出しすぎで空回りし始めている感じですかね?

以前は、私もそうでした。

がむしゃらに頑張り、とにかく質が悪くなっても継続させることだけに注力していました。

私は、今までは停滞気だらけでしたが、そこを一気に抜けることができました。

あることがきっかけになっているのではないか・・・

ということで、人生においても、トレーニングにおいても突破していくための方法について話していきます!

それではいきましょう!

停滞の理由を探る

早速停滞している理由について話していきます。

そもそも、自分がなんで停滞してしまっているのかを知る必要があります。

例えば

モチベーションの低下かもしれない

オーバーワークなのかもしれない

はたまた、努力の仕方のせいかもしれません。

人それぞれその理由が違いますので、一概にいうことはできませんが、停滞することにより、お多くの人が感じるのは

「なんで伸びないんだ?」

です。

そして、その本気度が高いほどイライラしたり、自己嫌悪に陥ったりするケースを多く見かけることがあります。

そらそうですよね。

適当な人であれば、「まぁ時間が解決してくれる」であったり、「もういっか」・「今日はこれくらいで」といって投げ出してしまうケースが多くある気がします。

これは絶対に良くないです。

停滞期には、なんでか?を深めていき、別の刺激を入れてあげることが必要になってきます。

例えば、トレーニングであれば腕の成長が止まっているようなら、広背筋や上腕二頭筋にももっと負荷をかけるであったり、人生で仕事が行き詰まっているなら、自分の余暇にフォーカスして生きるなど、常にある視点を外していく必要があるのです。

では次に、停滞を抜け出すための刺激的プランについて話していきます。

停滞を抜け出す刺激的プラン

  • 目標設定を変える
  • 思い切った行動をしてみる
  • 直感的に進んでみる
  • 超かたよった突き抜け方をする

目標設定を変える

もしかしたら、もう目標が近づいてきたことで、モチベーションが低くなっている可能性があります。

特に、トレーニングで言えば、重量の設定であったり、回数の設定であったりの目標が近くになりすぎて、「まぁこんなもん」「時間が解決してくれる」などに陥っている場合がありませんか?

これ、せっかく目標に近づいたのにもったいないですよね?

だったら、この目標値をあげてみるのはいかがでしょうか?

例えば、コーチングの時によく使われる表現方法として、コンフォートゾーンの外側へ行くということが言われたりします。

コンフォートゾーンとは、いわゆる自分の居心地の良い場所であったり、安全領域のことを指します。

ここにいることによって、自分自身が気が付かないうちに自分の安全領域を守っているだけなのかもしれません。

例えば、トレーニングで言えば、 HIITトレーニングでいつまでも同じセット数や負荷で行っていませんか?

はたまた、ダンベルカールの重さはもう1年以上も同じものを使ってはいませんか?

これでは、完全にコンフォートゾーンの中にいる状態ですよね?

例えば、ここでHIITトレーニングのセット数をこなすための時間を減らしたりはいかがでしょうか?

また違う刺激が入るので、もしかすると伸びる可能性があるかもしれません。

ダンベルカールでは、12キロだったものを20キロまであげるために重いもので反動をつけて行うなど、自分なりに目標のために行動しちゃいましょう!

いつもとは違う刺激を加えると、トレーニングでも人生においても非常に良くなることがあります。

思い切った行動をしてみる

これも上記で話したコンフォートゾーに繋がる部分でもあるのですが、例えば、今まではベンチプレスを主としていたトレーニングを、腕立て伏せとインクラインベンチプレスを加えたトライセットでセットを組んでみたりするのもありではないでしょうか?

トライセットについてはこちらの記事からどうぞ!その他のセットも載せています。

割と、日本のジムではセット組んでしまうとなかなか他の人の邪魔になるためか、組んでいる人はほとんど見たことがありません。

しかし、種目を変えることによってセットの組み方は千差万別です。

全然できると思いますので、いろんな方法を試してみてください。

ちなみに、私は懸垂の回数上げるために時々ディップスなどの種目や、 HIITトレーニングなんかも組み合わせていました。

懸垂に関しては、こちらの記事から!

思い切った行動してみるのは人生においても同じです。

私は、実際に公務員をやめて個人事業主になることを決意いたしました。

みんなから危険だ、ネットビジネスかと言われていますが、やめた今感じることは、思い切る時だけは少し体が重くなるが、それからはむしろ軽くなるくらいの感覚でできています。

実はそんなに変わらなかったり、意外とあっさりだっったりするので、思い立ったら吉日でやってみましょう!

人生はや早いもの勝ちです!

直感的に進んでみる

トレーニングにおいて、直感が働くとしたら、このメニューにこれ組み込ませたらいいかも!って思った時です。

例えば、足のトレーニングをした後に、バランス感覚系のトレーニングを組み込んでみたり、腕のトレーニングの後に腕の平衡感覚確かめたりということをしています。

感覚系のトレーニングはやっておくことをお勧めいたします。

というのも、今自分がどの位置で立っており、どんな圧がかかっていてということをイメージしながらやることで、イメージ力のアップに繋がる可能性があるあらです。

結構こう言ったトレーニングを直感的に入れてみることで感覚が変わったりすることがあるので、いろんなことを直感的に取り入れてみましょう!

もちろん人生においても、直感的に動いてみてオッケーです!

もし、やってみてなんか違うってなれば、すぐに切り替えてみるで全然歩大丈夫です!

この切り返しも全然ポジティブに捉えて大丈夫です。

減るものではないので。

超かたよった突き抜け方をしてみる

これはちょっと例外な人もいるとは思うのですが、私は結構やりがちかもしれません。

特に、本は結構この部類ですね。

何かに行き詰まった時には狂ったように、一日中本だけを読んだり、動画だけをみたりする日があるように感じます。

トレーニングも同じで、行き詰まったら、なんかアームカール持てなくなるまでやってみたり、スクワットも腰砕ける寸前までやってみたりすることがあります。

スクワットの場合上がらなくなったら、内臀筋や大臀筋のトレーニングに入ります。

これをすれば見事に小鹿足が出来上がりますので、当分足の種目はやりたくなくなることでしょう!

ただし、怪我を防止するためにも、重さを下げて回数こなすことをおすすめいたします!

刺激に満ち溢れること

今回、若干人生的な部分での話も織り交ぜながら書いていきました。

筋トレも、人生も毎日刺激に満ち溢れるようにしてください!

人間て、恒常性といって普通の部分に戻ろうとする生き物です。

恒常性についてはこちらから!

これの一つに、体内環境の正常化があります。

人間の体内では常に損傷した部分をもとにもどそうという働きが出ますよね?

だから病気が治ったり、怪我が治ったりします。

これが、人生や、日常においても出ているものだとお思っていて、毎日同じことをしていれば、その環境に適応し普通になってしまいます。

しかし、常に刺激があればどうでしょうか、もう元には戻れません。

そう、普通のレベルを上げていくことです。

私は現在5時に起きてはツイートしています。

これは、自分に刺激を与えるための手段だと思っています。

そしてこれが普通になったら、また新しことに取り組むでしょう!

最後に

いかがでしたでしょうか?

あなたは刺激ある毎日、トレーニングができていますか?

もし、刺激がなくなってしまった人は、トレーニングの方法や、生活の様式を一変してみることをおすすめいたします。

今よりもっと、刺激ある最高の人生、トレーニングを行いましょう!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました