[training&health]ウエイトトレーニングと自重トレーニング 、最強はどっち?条件あり

トレーニング・健康

本日は

「ウエイトトレーニングと自重トレーニング 、最強はどっち?条件あり」

ということで話していきます。

私のブログ(トレーニング・健康)ではサプリメントや運動に関しての情報発信をしています!

素人ですができるだけ正確に、健康的な生活を送るために役に立つ情報を発信していきますので、一つの参考にしてもらえると嬉しいです。

また、家でできることも多いので、是非実践してもらえると嬉しいです。

さらに、私はコーチングをしております。

コーチングでは、皆さんが最高な状態でやりたい事がやれる状態を一緒に作り出し、ありたい自分や、やりたい事が体現できるようになるプログラムの無料体験セッションをご用意しております。

初回無料でセッションさせていただきますので、是非ご連絡ください!

詳細は、以下のHPを参考にしてください!

on-coa.com

それでは本題!

あなたは、最強を目指したいと思ったことはありますか?

私は、実際にありました。笑

しかし、最強とはなんなのか??

それがわかっていなかったのですが、ここ半年ぐらいで私の中での最強の形が見えてきました。

それは「ネイビーシールズ」「グリーンベレー」です。

そう、アメリカ軍の特殊部隊です。

※写真は特殊部隊の写真ではありません

彼らは肉体的訓練はもちろん、語学やそのほかの専門知識を有しているからすごいと考えています。

そして、11月11日はアメリカ軍にとっては非常に貴重な1日となっています。

それは「退役軍人の日」として定められているのです。

そして、そんな退役軍人への感謝を込めたり、軍人が軍人に対して敬意を表すために行われているトレーニングがあります。

2005年にアフガニスタンで戦死した、米国海軍中尉マイケル・マーフィーがよくやっていたとされるトレーニング。

それが「Murph(マーフ)

では、今回はそんなトレーニング「Murph(マーフ)」の紹介をしていきます。

それでは行ってみましょう!

Murph(マーフ)

まずは、トレーニングのメニュー紹介から行ってみましょう。

マーフで行うトレーニングは以下の通りです。

  • 1mile run (1600m)
  • 300 air squat
  • 200 push ups
  • 100 pull up
  • 1mile run (1600m)

今回は、アメリカへの敬意を称して英語で書かせていただきました。

これらのメニューでタイムを競うことになります。

はっきり言います。

消防士になる前に自重のトレーニングをづっとしていたので分かりますが、めちゃくちゃきつい内容です。

しかも、これらのメニューを自重でもきついのですが、ウエイトベストを男性は9kg、女性は6kg背負ってやることになります。

と言うことで今回は減量も行なっていることからやっている部分のお伝えはできないのですが、懸垂の100日チャレンジが終わったらやってみようかと企んでいます。

1人ではきついので、消防の時の先輩も読んでやっていこうと思います。笑

ウエイトベストはこちら

使える筋肉・使えない筋肉論争について

今回、このようにほぼ自重ではありますがウエイトトレーニングを行なっている人からすると、「自重トレーニングで筋肉なんかつかない、もっと重いものが持てなければダメだ」と言われる方もいると思いますが、そうではないと思っています。

と言うのも、私の消防署の頃にお世話になった人で某ボディビル選手権において上位の入賞をされている人がいました。

その人は、本当にすごい筋肉をしており、いつも見るたびにパツパツだなーと思っていて、トレーニングに関していろいろと聞いたことがありました。

その中で言っていた言葉があります。

「私の持っている筋肉ははっきり言って使えない。これは見せるために作り上げた筋肉だからね。使える筋肉使えない筋肉はあるよ。」

ここを自分の中で押さえた上でトレーニングしているのは本当にすごいことだと思いました。

ここに関しては私も同じことを感じていて、おそらく使える筋肉と使えない筋肉の差というのは

「スタミナ的部分、筋持久力的な部分」によるものなのではないかと感じます。

実際に先ほどご紹介したMurph(マーフ)をぶっつけ本番でやってみると分かりやすく結果が出てくるのではないでしょうか?

ただし、ここで勘違いして欲しくないのは「使える筋肉だからいい、使えない筋肉じゃダメだ」と言っているわけではないということです。

自分が理想とする自分がどっちの体なのかということだけです。

ボディービルやフィジークのような体つきなのか

それとも軍人のような体なのかというだけだと思っています。

最強とは

ではここで初めにあった最強の体についての話をしていきましょう。

ここに関しては、もうたくさんのYouTuberが検証してくれている通りの結果ですよね。

おそらく喧嘩とかになると圧倒的に格闘系、出会ったり、軍人の方が強いと思います。

でもここにはある欠点があります。

それは、「軍人や格闘家は人を殺すための技術や知識を持っているところ」です。

これに関しては、やはり専門的になってしまう部分があるので、どうしようもないことですが、ボディービルダーやフィジーカーにはパワーがあります。

ということは・・・

それらの技術や知識を持ったら強くなれる、最強になるのではないかということですね。

また、今回定義している最強は、生身の体のみでの推測になりますので、地形や、武器、などの外部要因は一切排除した時のものになります。

最強を目指すならこれを取りましょう

  • プロテイン
  • クレアチン
  • ベータアラニン

各種おすすめ(安い・うまいor飲みやすい・効果を感じるもの)

プロテイン

私が選んでいるプロテインは基本的に、安い・うまいor飲みやすいで決めています。

効果を感じるかといえば正直プロテインに関しては分かりません。

でも筋肉の構成要素は主にタンパク質と言われているので、私は1日3回とるようにしています。

そうすると結構な消費量になるのでやはり安くないとばばっととるのに気が引けますよね。

MYPROTEINはもはやお馴染みの商品かもしれませんが、エクスプロージョンと540プロジェクトは聞いたことない人もいますよね。

エクスプロージョンに関しては飲んだこともあり、私は飲みやすかったです。

警察官をやっている友人も飲んでいるとか・・・

そして540プロジョクトは私は飲んだことないのですが、YouTuberの芳賀セブンさんが紹介していたのでみてみると普通に安いし、大量に買うことができるので、コスパかなり高いのでいいと思いご紹介させていただきました。

味に関してはわからないのでノーコメントです。笑

国産を選ぶならエクスプロージョンと540プロジェクトですかね。

プロテインに関する詳しい記事はこちら

クレアチン

  • MYPROTEIN
  • グロング

今回はアマゾンでも安かったなーと思う商品を紹介します。

クレアチンに関しては基本的に味がついているものがないので、安い・効果のみで買っています。

私は結構プロテインに混ぜたりしているので、加熱すること以外であれば基本何かに混ぜて飲むといいですね。

クレアチンは水分を多く取り込む癖がありますので、水分もある程度の量を取りましょう。

クレアチンに関しての記事はこちら

ベータアラニン

  • 540プロジェクト
  • グロング

ベータアラニンもアマゾンで安く買うことができるものをご紹介していきます。

ベータアラニンも基本的には味をつけていないものがほとんどですので、安い・効果で決めています。

基本的にベータアラニンの効果は、乳酸をたまりにくくすることなどです。

ベータアラニンとクレアチンはトレーニングに関して相性がいいアミノ酸となっています。

しかも、両方ともHMBのように高価な商品ではないのも魅力的な部分ですよね。

私は、トレーニング前にクレアチンと一緒に取るようにしています。

ベータアラニンの詳しい記事はこちら

最後に

ここまで読んでいただきありがとうございました!

いかがでしたか?

Murph(マーフ)ははっきり言ってまじできついトレーニングですが、やればやるほど体力や筋力がつくところも魅力的なトレーニングだと思います。

しかも、ジムに行くお金がかからないのでかなりコスパは最強です。

ウエイトベストだけ買えばトレーニングし放題ですので是非やってみてください!

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました