【元消防士が解説】消防士の転職や独立前に重要な自己分析を解説

キャリア選択

本業は、消防士を辞めてライフコーチをしています。

「消防士は退職して潰しが効かないって言われたことがあって不安だな〜」
「実際、退職してから苦労することの方が多いんじゃないか」

とは思ってはいませんか?

もちろん、今まで消防士として人の命を助けていた仕事とは打って変わった仕事になることも多々あるため、簡単ではありません。

しかし、消防士をしながら準備をしっかりしておくことによって、消防士を退職してからの道を作っておくことは十分に可能であるため、止める前の段階で様々なことを考えて行動することが重要になってきます。

そのため、今回は

・消防士からの転職や独立を目指したいけど、ちょっと不安だと感じている人
・今のうちから退職に向けての行動を取りたいと思っている人、とっている人

に向けて、自己分析の重要性について話をしていきます。

これから行動したいと思っている人でも、すでに行動に行動に移している人でもやくに立つ内容となっていますので、最後までご覧ください。

自己分析をすることが重要な理由4選

自己分析をやったことはあるけど、ネットに出ているものや簡易的なもので終わらせていませんか?

ネット上に出ている自己分析の多くは「強みとなる資質」「行動傾向」程度のことしか実はわからないんですね。

あなたにとっての強みや自分軸というものは、「あなた自身の過去」「今の感情に隠れている」ので、ネット上の自己分析だけでは基本的に知ることができないことの方が多いです。

実は、自己分析って深くやればやるほど、起業や独立、転職などを考えている人には有効です。

なぜなら

・独立や転職における「目的」を明確にできるから
・強みを明確にして、強みを生かした行動をとることができるから
・価値観を明確にして、価値観に沿った判断をとることができるから
・あなた自身の行動を引き留めている、あなた自身に気がつくことができるから

独立や転職における「目的」を明確にできるから

Aさん
Aさん

「独立して時間や場所に縛られずに働きたい」

Bさん
Bさん

「転職をしてもっと給料をあげたい」

と思っている消防士はあなただけではありません。

しかし、行動できていない人はたくさんいますよね?

その理由は、行動するための「目的」がはっきりしていないからです。

独立や転職をしたことによって、どのようになりたいのかということをリアルにイメージできておらず、行動するための動機が明確になっていないから行動が生まれないわけです。

「転職や、独立が最高に理想的な状態だとしたら、どんなふうになっているのですか?」

それはどこで行っていますか?
あなたは何をしていましたか?
あなたの周りには誰がいましたか?
行動できたとき、あなたの中で何が起こっていたのでしょうか?
あなたは周りの人にどんな影響を与えていますか?

・目的を明確にしてから、行動するのが効率的
・目的はリアルにできると良い
・目的がいきなりリアルにできることは少ないので、抽象的→具体的がおすすめ

強みを明確にして、強みを生かした行動をとることができるから

ネット上にある自己分析ツールを使うことで、強みがわかるのではなく、「性格」や「行動特性」を知ることはできますが、多くの場合あなた自身の強みを知ることはできません。

なぜなら、あなたの経験と感情があなたの強みとなっているからです。

そのため、あなた自身の過去を振り返る作業や、どんな感情が行動を促しているのかを探ることが重要になるのです。

特に、これから独立や起業を考えているあなた、転職を考えているあなたにとって強みを知ることはとても重要です。

例えば、

Aさん
Aさん

「現職のうちにプログラミングを学んだから、転職先や独立をして仕事をしよう!」

Bさん
Bさん

「元消防士って肩書があるので、YouTubeやSNSで防災系インフルエンサーを目指す!」

Cさん
Cさん

「消防士の採用試験突破のために、私が経験してきた学習方法を学生に伝える塾を作ろう!」


など、明らかに経験してきたことを強みとして発揮することができていますよね?
スキルやバクグラウンド、経験などは全て強みとして使うことができます。

また、あなたの中に「やりたい」「チャレンジしたい」という気持ちがあれば、その感情が行動を推し進めていく原動力になります。

小学生の頃、遠足にいきたいとなっているときには、駄菓子を買うことが楽しみになっていたり、夜なかなか寝付けないということがありましたよね?

このように、大人となった私たちにとって「やりたい」「チャレンジしたい」と思う感情が生まれることによって、同じような状態を作ることができるため、行動を促進することにつながるのです。

独立や起業を考える際には、強みを生かしてやりたいことをしよう
・今のうちから経験できることを、たくさん経験しよう
・あなたの感情が「やりたい」「チャレンジしたい」となっている時は行動力が上がる

価値観を明確にして、価値観に沿った判断をとることができるから

人が人生の選択や、大きな判断をする際には、あなた自身の価値観が大きく働くことがあります。

例えば、就職活動の際や進路選択をした際には、様々な要因から判断していたのではないでしょうか?

お金、休日、人間関係、将来に向けてやりたいことなど様々な価値観から進路判断をしてきたのではないかと思います。

転職や独立も同じ様に、これから先の選択においても、あなた自身が持っている様々な価値観が進路選択に関わっていますのので、価値観を明確にすることが大切です

・過去の選択においても、価値観に沿った選択をしてきている
・これからの転職や独立においても、あなたの持っている価値観に沿って選択をする
・その選択を意識的に行うために、価値観を明確にすることが大事

あなた自身の行動を引き留めている、あなたの感情に気がつくことができるから

「何か行動しようしたけど、行動に制限をしてしまう」
「新しいことをやってみたいけど、怖くてできない」

なんてことはありませんでしたか?

これらのほとんどは、あなた自身が生み出している感情から来ています。

例えば、

「私の実力じゃ、転職や独立、ましてや起業なんてできるわけがない」
「もっと面白いことがしてみたいけど、リスクもありそうだし、不安だからやめておこう」

このようなことは、その考えの奥の方にあなた自身を取り巻く感情が含まれていますよね?

このように、あなたのチャレンジしたいという行動を引き留めているのはあなた自身です。

だからこそ、まずはあなた自身を知るということが大事になります。

また、そのような人格のあなた自身と向き合うことにより、「やれない理由」よりも「やれる法」 について考えやすくなりますので、自己分析を行うことが重要です。

・あなた自身を引き留めている、あなたを知ることで、何に恐怖を感じているか知ることができる
・あなた自身を引き留めている、あなたを知ることで、やれる方法を考え始める
・全てあなた自身が無意識的に決めていることなので、自己分析をすることが大事

深く知ることで、扱いが上手になり、ゴールを最速達成する

私たちは、私たちが思っている以上に自分自身のことを知らないことがあります。

今すぐに
「あなたの強みを3つ教えて!」
「あなたにとっての仕事って何?」
「あなたの生きる目的って何?」

などを聞かれても、なかなか出てこないのがリアルです。

しかし、あなた自身のことを深く知る機会を作り、あなた自身の思いを形にするための行動が取れればどうなるでしょうか?

知らなかった時よりも、確実に強みを生かしながら行動をして、価値観で判断することで、ゴールである目的に近づきやすくなります。

でも、ここに気がつけない人がたくさんいて、年齢を重ねてしまってからこのようなことに気がつく人もたくさんいます。

だからそこ、気がついたなら早めに始めましょう!

今から始めることができれば、長い人生のできるだけ多くの時間を、あなた自身の成長と目的、そして幸せだと思うことのために使うことができます。

・あなた自身が持つ様々な面を知ることができれば、選択の幅が広がる
・この気づきが早ければ早いほど、人生の中での選択が意識的になる
・選択を意識的に早くすることができれば、最速でゴールを達成することができる

事項分析と行動推進にはコーチングがおすすめ!

消防活動に疲れた消防士の人生の目的を明確にして、人生を立て直しする専門のコーチングを
「ON/CORE」では提供しています。

「漠然としているけど、消防士を辞めて新しいことにチャレンジしてみたい」
「人間関係や仕事内容にちょっと疑問を感じているから次のステップを決めていきたい」

というようなご相談にも、親身に対応させていただきます。

元東京消防庁の消防士である私があなたの悩みを一緒に解決し、あなたの人生のきっかけとなるサポートをしていきます。

まずはON/COREの公式LINEで気軽に無料相談をしてください。

 
\お気軽にご相談ください!/
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました