コンフォートゾーンとは安心安全な領域であり、成長を求めている人がずらして抜け出す方法について解説

コーチング

コンフォートゾーンを抜け出す、コンフォートゾーンをずらすことができれば、あなた自身の行動も環境も未来までもが、あなた自身の手で変化できることを知っていますか?

「目標を持ってはいるけどなかなか行動することができていない」
「チャレンジするために一歩踏み出そうとしているけど、なかなか勇気が出ない」

ということは、よくあることです。

しかし、
「エネルギーが有り余っていて、もっとチャレンジしたいことがたくさんある!」
という方にはとてももったいない状態でもあると思います。

ということで今回は、
・目標を持ってはいるけどなかなか行動することができていない
・チャレンジするために一歩踏み出そうとしているけど、なかなか勇気が出ない
・エネルギーが有り余っていて、もっとチャレンジしたいことがたくさんある

と思っている方向けに、コンフォートゾーとは何か?そして、コンフォートゾーンをずらして、抜け出すためには何をすれば良いのかを解説していきます。

コンフォートゾーンとは?

コンフォートゾーンとは人為的に作られる心理状態で、中にいれば「安心」が得られ、外に出ると「不快さ」を感じる “メンタルエリア” のこと

コンフォートゾーン = あなた自身の安心安全だと感じる領域
となります。

今いる場所は比較的安心安全な場であることから、すでに知っていることや経験してきていることを元にして、力を発揮しやすい環境となっています。

しかし、すでに持っているものを一番発揮しやすい環境でパフォーマンスを発揮しているので、新しい学びや成長が非常に少ない環境にもなってしまいます。

例えば
・いつも同じ仲間と一緒にいること
・同じような行動などを繰り返すこと
・慣れ親しんだ空間的環境 など

あなたが、より高い成長や学びが欲しいと思っていて、理想的なあなたの姿がその先にあるのであれば、コンフォートゾーンになるゴールを高く設定し、ゴールに対して行動していく必要があります。

例えば、
・新しい人との出会い
・ちょっと不安を感じるくらいチャレンジな行動
・今の環境をガラッと変えてみる など

コンフォートゾーンは新しくゴールを設定することで、ストレッチゾーンの中に新しいコンフォートゾーンを作りだし、その方向へと意識が向くようになります。

コンフォートゾーンには引力がある(ホメオスタシス )

コンフォートゾーンをずらすことで、今以上の学びや成長を生み出すことができますが、ここで厄介になってくるのが「コンフォートゾーンには引力がある」ということです。

私たち人間は、無意識的に安心安全な環境を好み、恐怖や不安を感じる環境を避けようとする行動をとります。

例えば、
「今の仕事は給料も休日も安定しているから、今の状態を維持しよう。独立や起業、転職はやめよう」
「私にはできなさそうな目標だから、私でも達成できる目標を設定しよう」

と思ったことはありませんか?

人間は安心安全な場所に環境を移そうとする力が非常に強く働くため、安心安全なコンフォートゾーンが今の状態にあるということは、より高い成長や学びが欲しいと思っていても、なかなか行動やモチベーションが上がることはありません。

これが、コンフォートゾーンに働く引力であり、「ホメオスタシス 」と言って、異常な状態を元に戻そうとする力になるのです。

ということは、高いゴールを設定し、そのゴールをあなたの新しいコンフォートゾーンにすることができれば、「今のままではまずい!」という危機意識が生まれ、行動を起こすことができるようになります。

高いゴールの設定と、コンフォートゾーンをずらし、抜け出すためには

高いゴールの設定と、コンフォートゾーンをずらし、抜けだすことができれば、理想的なあなたの姿をあなた自身の手でつかむために行動することができるようになります。

では、高いゴールの設定と、コンフォートゾーンをずらし、抜けだすためには

・本当になりたいものを、できるかできないか関係なくリアルにイメージする
・今の自分自身なら達成していると信じ込み、リアルにイメージする
・ゴール達成のための必要なことを明確にし、収集する
・あなたのゴールを言葉にして体験する

本当になりたいものを、できるかできないか関係なくリアルにイメージする

本当になりたいもの、本当に欲しい未来をイメージするときによくあることが
「私にはできそうにないから、ちょっと低めの欲しい部分を設定しよう」
とする方いるのですが、これは明らかな間違えになります。

その理由は、本当になりたいもの、本当に欲しい未来ではない可能性が高いので、コンフォートゾーンがずれていない証拠です。

だからこそ、
「今のあなたではゴールの達成ができないくらい大きなゴールをリアルにイメージする」
ということが大事になります。

また、リアルにイメージするのはスポーツを考えてみて欲しいのですが、
「イメージをしたことがない、動画などでも見たことがないプレーを、あなた自身はできますか?」

できないですよね。

だからこそ、できるだけリアルにイメージする必要があり、リアルなイメージができれば、ゴール達成までに必要なことを集めることができるようになります。

今の自分自身なら達成していると信じ込み、リアルにイメージする

先ほどの、「できるかできないかではなく」というのにつながるのですが、あなた自身があなたの価値を理解して、「できる」と思うことがとても重要です。

そして、ゴールと同じように「できたときのあなた自身をリアルにイメージすること」が重要になってきます。

ゴール設定のリアルとあなた自身のリアルとを明確にできれば、コンフォートゾーンが大きくずれてくる可能性が高くなります。

ゴール達成のための必要なことを明確にし、収集する

コンフォートゾーンがずれた時に起こるのが、無意識になっていたことが意識的になることです。

例えば、
遠足の前の日は勉強をする気なんてさらさら起きずに、お菓子やお弁当などのことを考えますよね?
しかし、受験生となると話は別になって、勉強以外のことは手に付かなくなりますよね?

というように、意識がゴールに向くことによって、今まで無意識だったことに視線が動いていきますので、ゴールを達成するために必要なことを集めることができるようなります。

よく言われているのは、「できない理由を考えるよりも、できるようにする方法を考えよう」というのも、このコンフォートゾーンに隠れている内容です。

また、ゴールを達成するために必要なことを集めることと同様に、環境を手に入れることも同様になります。

あなたのゴールを言葉にして体験する(セルフトーク)

普段から夢や、希望、目標などを言葉にできていますか?

これは、誰かに伝えなければならないということではなく
「夢を追っている、目標を達成したいと考えているあなた自身が、あなた自身に対して発している言葉」になります。

言葉にはポジティブな言葉とネガティブな言葉がありますが、

ポジティブな言葉
・私ならできる!
・集中!
・やってやる!

などの言葉を、あなた自身に向けて発することや

・私の夢は〇〇である
・私のゴールは〇〇である
・私はこうなりたい

などの未来のことを語ることによって、人間の右脳が軽い覚醒状態になることが研究でわかっているので、しっかりと言葉にすることがとても重要です。

簡単診断テスト10問

【使い方】
このチェクシートは、現役消防士のあなたがどんなことに満足できていないのかを大まかに把握することができるものになります。

10個の質問に対して、当てはまるものに直感でチェクをしてみてください。

【チェックが0~3個だった人】
比較的満足度は高めかも!
ただし、チェックがついたことに関して、理解度が浅い可能性があるので、少し深堀をしてみた方が良さそう。

【チェックが4~7個だった人】
「実は、思っているよりも満足できていないのかも?」と思った方もいらっしゃるのでは?

本当に「やりたいこと」を明確にして、今の仕事と環境を選択するのか、新しいことにチャレンジしていくのかを考える時間を持つと良さそう。

【チェックが8個以上だった人】
ここまでチェックがついた人は、すでにチャレンジしたいし、もっと「やりたいこと」のために行動したいと思っているのではないでしょうか?

同じような考えを持った人はたくさんいますので、ぜひ他の方の考えもみてみてください。

この記事を書いた人
ほっしー

消防士の仕事をしてた時に人は簡単に死んでしまうことを知って、1回しか生きることができなら、もっと自分自身の人生に向き合い、もっと多くのことにチャレンジしたいと思ったことがきっかけでコーチングを受けて、消防士を辞め独立。

ほっしーをフォローする
コーチング
ほっしーをフォローする
ほっしーBlog

コメント

タイトルとURLをコピーしました